カロッツェリア イタリアーナ'77 その10 アウディ-NSU トラペーゼ

今から42年前、1977年(昭和52年)の夏に東京晴海の国際見本市会場での開催された 「カロッツェリア イタリアーナ'77」と名付けられた自動車ショーについて、ご紹介しています。
前報のランボルギーニ・ブラーボ[https://swada.at.webry.info/201905/article_11.html]に引き続き、ベルトーネデザインの車です。
アウディ-NSU トラペーゼ(Audi-NSU Trapeze)、1973年のパリモーターショーでデビューしたもので、当時NSUが開発を進めていたヴァンケルロータリーエンジンの搭載を想定したショーカーです。
小型軽量のロータリーエンジンを搭載するため、ショートノーズデザインの2扉、4シーター車です。
ウィンドウグラフィックはストラトスの雰囲気がありますね。
画像


次報は、イタルデザインのショーカーです。[https://swada.at.webry.info/201906/article_5.html

"カロッツェリア イタリアーナ'77 その10 アウディ-NSU トラペーゼ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント