京橋エドグランの北原コレクション展示「アメージング コレクション」

2020年9月27日、今日から展示替えされて始まった京橋エドグラン地下一階の展示スペースで開催の北原照久コレクションを見に行ってきました。
今回のテーマは「アメージング コレクション」映画やTVシリーズに関する展示で、一部は本当に撮影に使われたものでした。

興味深く見ていたら、北原照久さん本人がスタッフの方と来て展示の細部手直しを初められたので、挨拶して色々興味深いお話を聞かせていただくことができました。展示品の選定から展示の細部まで北原さん自身が細心の配慮をして行っているとのこと、深い玩具愛を感じました。
edogran amazing-01.jpg
edogran amazing-02.jpg
edogran amazing-03.jpg
edogran amazing-04.jpg
edogran amazing-05.jpg
edogran amazing-06.jpg
edogran amazing-07.jpg
edogran amazing-08.jpg
edogran amazing-09.jpg
edogran amazing-10.jpg
edogran amazing-11.jpg
edogran amazing-12.jpg
edogran amazing-13.jpg

トッツィトイのタンクトラック用タンクの製作

前報において、1925年製の米国トッツィトイ(TOOTSIETOY)のマックトラック用に荷台を作ったことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/202009/article_5.html
今回はその中でも最も苦労したタンクトラックの製作方法について説明します。
このモデルは全長約82mm、タンク部の長さが約45mmとなります。
オリジナルの写真をWEB上で探し構造を検討しました。タンクの断面形状が楕円の上、タンク下部が底板に食い込んだ形状となる、フィラーキャップが2か所に設けてある等正確に作るのが難しそうな要素がいくつか予想されました。

プラ板の接着組み立て構造とすることとし、まずは画像処理ソフトで断面形状を決めます。長径20mm、短径18mmの楕円、フレームを作って外側にt0.3mmの板を貼る構造とします。
tank製作-01.jpg
断面形状を原寸大に印刷し、t1.2mmのプラ板を3枚仮接着したものに貼付け、カッターとスクライバーとやすりで成形します。
tank製作-02.jpg
主なフレーム材を切り出した状態、できるだけひずみが出ない様、中心線をけがいておきます。貫通材は▢1.5と1.5×2.0の角材を組み合わせて使っています。
tank製作-03.jpg
流し込みタイプの接着剤を使って接着組立を行います。流し込みタイプ接着剤ははみ出しが無いので精密接着に向きますが、少しでも隙間があるとくっつきません。
中央のリブが中心からずれていて、上部貫通材が2本に分けてあるのは、フィラーキャップの場所を避けるためです。
外板用のt0.3mm板は少し大き目に切り出し、適当なサイズの棒に巻き付けて熱湯の中に入れて曲面の癖をつけておきます。これをやっておかないと接着剤を付けたとたんに割れてしまいます。
tank製作-04.jpg
同じ状態を裏返して見た状態です。底板に付ける部分の平面部分はこの様になっています。
tank製作-05.jpg
外板を貼って、底板の上に仮に乗せてみた状態です。まあまあ綺麗に貼れました。
tank製作-06.jpg
補強部分の帯状のt0.3mm板を張り付け、フィラーキャップ用のφ5mmの穴を開けます。フィラーキャップはφ5丸棒の端面を成型して、wave製の丸リベットを2個接着しておきます。
tank製作-07.jpg
フィラーキャップを接着し、底板も接着します。貫通材とリブの隙間はパテで埋めておきます。
大きなひずみも無く組み立てることができました。
tank製作-08.jpg
同じ状態を反対側、斜め前側から見たものです。
この後、金ヤスリ、スクラバー、ペーパーで角が立っている部分を削り形状は完成です。
tank製作-09.jpg
サーフェーサーで表面を整えたあと、ラッカー系塗料でセミグロスに塗ります。仕上げにエナメル系塗料で汚しとドライブラシをかけて完成です。
MAC TRUCK 3-Type-8.jpg

トッツィトイのマックトラックの荷台作り

ちょっと前に1925年製の米国製トッツィトイ(TOOTSIETOY)の荷台が失われたマックのトラックのミニカーを入手して、ステーキトラックの荷台を製作したことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/202008/article_6.html
資料本等で調べを進めると、1925年に発売されたときに同じシャーシを用いて3種類の荷台を載せたバリエーションがあったことが判明しました。また、同時期にその3種類の荷台を取り換えて遊べる「No.170、Interchangeable Truck Set」が販売されていたことも判りました。
そこで、残る2種類のレプリカも作ってみました。

No,4638 Stake Truck:既報、荷台が縦横の木製柵状になって、家畜や飼料等の運搬に使用、他と色調を合わせるため再塗装
No.4639 Coal Truck:石炭運搬車
No.4640 Tank Truck:石油等を運ぶタンクローリー

WEB上の画像を検索、形状や寸法を割り出して、プラ板を接着して製作、ラッカー塗料で仕上げています。
製作難易度は Tank Truck(楕円断面のタンク製作)>Coal Truck(下側の斜面部分の合わせ)>Stake Truck でした。
MAC TRUCK 12-Type-3.jpg
MAC TRUCK 3-Type-13.jpg
MAC TRUCK 3-Type-2.jpg
MAC TRUCK 3-Type-1.jpg
MAC TRUCK 3-Type-9.jpg
MAC TRUCK 3-Type-10.jpg
資料本の情報です。
MAC TRUCK 3-Type-11.jpg

オキュパイド ジャパン製 ブリキの自動車

前回まで、鎌倉のタイニーバブルさんを訪問して、米国のトッツィトイ(TOOTSIETOY)の1920~40年代のダイキャストミニカーを4台入手したことをご報告しました。
今回はこの時、店主からもらったものです。
第二次世界大戦後、1947~52年の間、占領下の日本製「Made in Occupied Japan」のブリキ製自動車、全長約100mmです。
今年初めに米国買い出しで入手したものだそうで、底板等に製造国表示はありませんが、見せてもらった5台入りの紙箱にはMade in Occupied Japanの表示がありました。
当時、安く作られたと思われる小さなアメ車の玩具ですが、ルーフ部を別部品でツートンに仕上げ、グリルもめっきの別部品、金属製のタイヤはモナカ状に貼り合わせ等、当時の日本の職人のこだわりや技を感じることができます。
ブリキmade in OJ-1.jpg
ブリキmade in OJ-2.jpg
ブリキmade in OJ-4.jpg
ブリキmade in OJ-3.jpg
ブリキmade in OJ-5.jpg

トッツィトイの1947年式カイザー セダン

今回も前回に引き続き、鎌倉で入手したものです。[https://swada.at.webry.info/202009/article_2.html
米国トッツィトイ(TOOTSIETOY)の1947年式カイザー セダン(KAIZER SEDAN)、前報のキャデラックと同じ6インチサイズです。
実車は戦後直ぐの時代にデビューしたものですが、流線型のデザインは時代をかなり先取りしたものでした。
このミニカーはその先進的なボディデザインをかなり細長くデフォルメしてあります。
まあ、実車が特徴のあるスタイリングなのでカイザーらしなって感じ位かもしれませんがなかなか魅力的だと思います。
塗装や各部の状態も70年オーバー物としては上々でしょう。
1947 kaiser-1.jpg
1947 kaiser-2.jpg
1947 kaiser-4.jpg
1947 kaiser-3.jpg
1947 kaiser-5.jpg
WEBで見つけた実車の写真です。
kaiser-1947.jpg

トッツィトイの1948年式キャデラック

鎌倉にある、なじみのお店、タイニーバブルに行ってトッツィトイのミニカーを入手したことをご報告しています。[https://swada.at.webry.info/202008/article_3.html][https://swada.at.webry.info/202008/article_4.html][https://swada.at.webry.info/202008/article_5.html][https://swada.at.webry.info/202008/article_6.html][https://swada.at.webry.info/202008/article_7.html
今回も同じ時に入手したもの、3台目です。
米国トッツィトイ(TOOTSIETOY)の1948年式 キャデラック 60 スペシャル 4扉セダン(CADILAC 60 SPECIAL FOUR-DOOR SEDAN)、全長約150mmの大き目のサイズです。
第二次世界大戦直後の日本では貧しく混乱していた時代に、アメリカの富の象徴として頂点に君臨したクルマです。
ホイールアーチが無いボディですが、テールフィンが生え始めたボディのプロフィールやグリル周りの再現等、キャデラックらしい貫禄が感じられる良い出来だと思います。
オリジナルのグレーの塗装も比較的良く残っています。
1948 cadilac 60-1.jpg
1948 cadilac 60-2.jpg
1948 cadilac 60-3.jpg
1948 cadilac 60-5.jpg
戦後すぐにこの薄さのダイキャストを量産成型する当時のアメリカの製造技術の凄さが感じられます
1948 cadilac 60-4.jpg
WEBから拾った実車写真
cadillac 60 special sedan.jpg

トッツィトイのオーバーランド バス

鎌倉にある、なじみのお店、タイニーバブルに行ってトッツィトイのステーキトラックを入手して、荷台を再生したことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/202008/article_3.html][https://swada.at.webry.info/202008/article_4.html][https://swada.at.webry.info/202008/article_5.html][https://swada.at.webry.info/202008/article_6.html
今回も同じ時に入手したものです。
同じ米国トッツィトイ(TOOTSIETOY)のオーバーランド バス(OVERLAND BUS)です。
資料本によると、1929年(昭和4年)に発売されたミニカーで、1926年製の実車を1/72スケールで再現したもののようです。
90年ものの貴重なミニカーですが、米国で買い付けてきたというこの個体、黄色でリペイントされているだけでなく、車軸からホイール、タイヤ(小径白タイヤ)も交換されている様、極めつけはグリルが黒に塗装されている、という残念な状態でした。

全面的に手を入れることはせず、グリル(内側からピンを慎重に叩いて取り外し)を銀色にペイント、タイヤを黒の大径細幅のリプロダクションタイヤに交換しました。かなり雰囲気は改善されたと満足しています。
overland bus-1.jpg
overland bus-2.jpg
overland bus-3.jpg
overland bus-4.jpg
overland bus-5.jpg
資料本の情報
overland bus-7.jpg
入手した状態、アメリカ流のオーバーレストア?(^^;)
overland bus-6.jpg

トッツィトイのステーキ・トラックの再生

tootsie stake truck-18.jpg
前々報、前報で1925年米国トッツィトイ(TOOTSIETOY)製のオリジナルの荷台が失われたマックのステーキ・トラックを入手して、荷台の再生作業を開始したことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/202008/article_4.htmlhttps://swada.at.webry.info/202008/article_5.html
今回はその続き、塗装仕上げをして完了した状態です。

塗色について、濃赤色のキャブにくすんだ黄色の荷台のオリジナルの写真が見つかりましたので、これに近い色にしようとも思ったのですが、最終的にライトブラウンで木板感を出すことにしました。

[WEBで見つけたオリジナルと思われる塗色]
tootsie stake truck-07.jpg

塗装はキャブとの釣り合いを考え、厚めに吹き付け磨きは無し、影部に若干の墨入れとわずかな銀色のドライブラシ仕上げです。
tootsie stake truck-19.jpg
tootsie stake truck-20.jpg
tootsie stake truck-21.jpg
やはり塗装して荷台と組み合わされると良い感じになりました。

シャーシと荷台の固定は別のタイプの荷台を作って載せ替えることを想定して荷台の底に設けたピンにOリングをはめています。
tootsie stake truck-23.jpg
[WEBで見つけた1921年式実車の写真、これはロングホイルベース仕様ですね]
tootsie stake truck-22.jpg

トッツィトイのトラックの荷台作り

tootsie stake truck-17.jpg
前報において、オリジナルの荷台が失われた1925年製のトッツィトイのトラックを入手したことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/202008/article_4.html
今回は荷台の再生をした工程のご紹介です。(夏休みの工作(^^;))

まずはオリジナルの荷台の画像資料を複数探し出して形状や寸法を割り出します。
tootsie stake truck-08.jpg
画像を基にして画像処理ソフトを用いて原寸大の側面図を作ります。
tootsie stake truck-09.jpg
作った側面図を切り抜いて現物に合わせて確認します。良さそうですね。
tootsie stake truck-10.jpg
厚さ1.2mmと0.5mmのプラ板に側面図を両面テープで張り付けてカッターとヤスリで切り抜きます。この時点では調整しろを少し残しておきます。2枚のプラ板を貼り合わせて立体感を再現します。角穴が片面8か所あるので結構手間がかかります。
tootsie stake truck-11.jpg
出来上がった両側の柵を仮接着して左右の形状誤差を修正しておきます。
tootsie stake truck-12.jpg
底板と後扉部も1.2mmプラ板で作ります。
tootsie stake truck-13.jpg
流し込みタイプの接着剤を使い組み立てます。その後古いダイキャストの感じを出すため、角部や段差を削って丸みを付けます。
tootsie stake truck-14.jpg
底部に穴を開け、φ3の位置決めピンを挿入し接着します。全体のバランスを見ながら削って最終調整です。
tootsie stake truck-15.jpg
キャブと合わせてみると...... なかなか良いんじゃないですか? 手加工の微妙な精度がキャブとマッチして狙い通りの味を出してくれました。
tootsie stake truck-16.jpg
このあと、塗装して仕上げた状態は次報[https://swada.at.webry.info/202008/article_6.html]でご紹介します。

トッツィトイの1925年製マックステーキトラック

先日、鎌倉のタイニーバブルさんを訪問したことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/202008/article_3.html
今回はこの時に入手したものです。
店主が出してきて見せてくれたのは、古めのステーキ・トラック(STAKE TRUCK)、キャブ部分はオリジナルを保っていますが荷台部分が失われた状態で仕入れたそうで、店主自作の木製の荷台がネジ止めしてありました。ちなみにステーキ(STAKE)は杭の意味で木の柵で荷台を囲った形状を言う様です。
[店で撮った写真]
tootsie stake truck-01.jpg
入手して持ち帰り、手持ちの文献で調べたところ、1925年(大正14年)に発売された、NO.4638 STAKE TRUCK、1/72スケール、全長約82mm、モデルとなった実車は1921年式のMACK ACであることが判明しました。ブリキプレスのタイヤを履いているところからみても1920年代の製造で90歳以上は間違いなさそうです。

オリジナルの荷台形状をWEBで調べたところ、いくつか画像が出てきました。
tootsie stake truck-08.jpg
tootsie stake truck-07.jpg
キャブとシャーシ部はかなりオリジナルを保っておりますが、塗装は同色リペイントかもしれません。WEB画像と比べるとリアアクセルのチェーン駆動アームが無いのですが、切り取られたのか、無い仕様もあったのかは要調査です。

まずはオリジナルの荷台に似せて自作を行うべく、まずステーキ部を外してみました。
tootsie stake truck-03.jpg
tootsie stake truck-02.jpg

雰囲気はなかなか良いのですが、荷台の長さや幅も違っている様なので完全に自作することにして、ネジを外して荷台を取り外しました。
tootsie stake truck-04.jpg
tootsie stake truck-05.jpg
tootsie stake truck-06.jpg

次報以降で荷台の再生についてご報告を予定しています。

鎌倉のタイニーバブルさんを訪問

2020年8月10日暑い夏休みの一日、ずっと行きたいと思っていた湘南鎌倉にあるアメリカングッズのお店、タイニーバブルさんの店舗をアポ無し訪問してきました。
ここはご夫婦で営まれており、ご主人が自動車玩具等、奥様がテーブルウェアやドール等を担当して年に何回か米国に買い付けに行かれています。私が最も興味を持っている、世界最初のミニカーブランド、トッツィトイ(TOOTSIETOY)に関しては私の知っているかぎりでは最も沢山買い付けてきてくれて、在庫も豊富です。
有楽町の大江戸骨董市やジャンクショー等に出店している時に知ってお世話になっていたのですが、コロナ禍でイベントが軒並み中止となっていたため、半年以上ご無沙汰していました。
他にお客様がいなかったので、早速机上に大量に広げてトッツィトイ談義!(^^;) ここ半年以上、気に入ったミニカーを見に行ったり、同好の志と語り合うことが無かったので非常に楽しい時を過ごすことができました。

で、何か買ったのかって? 当然、手ぶらでは帰れませんでした。個別の入手品に関しては追々で。
鎌倉TINY BUBBLES-9.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-1.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-2.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-3.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-4.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-5.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-6.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-7.jpg
鎌倉TINY BUBBLES-8.jpg

川崎じもと応援券

コロナ禍で売り上げが減っている地元のお店で使える地域振興券が私の住んでいる川崎市でも発売されることになり、応募して本日購入してきました。
一冊に1000円の券が13枚付いて10000円(≒23%引き!)、大手スーパー、チェーン店や量販店では使えませんが、私が普段使う店ではなじみの飲食店、理髪店、惣菜店、パン屋等で利用できます。
券には川崎市に藤子.F.不二雄ミュージアムがある縁でドラえもんが描かれています。(^^;)
川崎じもと応援券-1.jpg
川崎じもと応援券-2.jpg

マッチボックスのクレマー・ポルシェCK5 3台

ちょっと前にこのブログでご紹介[https://swada.at.webry.info/202006/article_4.html]した英国マッチボックス製のクレマー・ポルシェCK5、1/40スケールモデル、その後同じ金型を使ったモデルが更に2台出てきましたので、再度ご披露です。
白/青の個体が前回ご紹介した、ターボスペシャルシリーズ(プルバックで低速→高速に切り替え走行)1984年
赤も同じターボスペシャルシリーズ、
白/赤の個体はスペシャルシリーズでプルバックのギミックは無し、1983年

最初に走行ギミックの無いスペシャルシリーズが発売され、翌年に同じボディを使った走行ギミック付のターボスペシャルが販売されたと推定できます。
スペシャルシリーズは4輪ともタイヤロゴの入った樹脂タイヤに対し、ターボスペシャルは後輪がゴムタイヤ、裏板の刻印も変更してあります。
当然裏板も走行メカ搭載のため変更されています。
CK3×3-1.jpg
CK3×3-2.jpg
CK3×3-3.jpg
CK3×3-4.jpg

ブラーゴのポルシェ924ターボ

今回は、伊太利亜のブラーゴ(BURAGO)のポルシェ924ターボ、1/43スケールダイキャストミニカー、製造もイタリアです。
ポルシェ924は廉価版のポルシェ、914の後継として1970年代に発売された2+2FRクーペです。VWやアウディの部品を流用していたため、本物のポルシェでは無いという声もありましたが、基本構成を保ったまま、944、968と作り続けられました。
ボディの形状はかなり良いにも関わらず、安っぽいファストホイールを履くのは当時の安価なミニカーのお約束のようなものでした。
このミニカーはレース仕様でファッションブランドのBOSSのマーキングはなかなか似合っていると思います。
Burago 924 turbo-2.jpg
Burago 924 turbo-1.jpg
Burago 924 turbo-3.jpg
Burago 924 turbo-4.jpg
Burago 924 turbo-5.jpg
Burago 924 turbo-6.jpg
Burago 924 turbo-7.jpg

ドライブレコーダー装着

街中を車で走っていても無暗に車間を詰めてくる馬鹿なドライバーが増えている昨今、自衛のためにドライブレコーダーを装着しようと思い、カー用品店に行って付けてきました。
私の車は屋根からリアウィンドウにかけてキャンバスで折り畳みができる構造のため、通常のリアカメラをリアウィンドウに取り付けるタイプはダメで、フロントに全周360度を装着するタイプを選びました。360度タイプでも前後2つのカメラの画像を結合するタイプと、下向きの魚眼レンズ画像を画像処理によって通常の視野に変更するものがあり、コンパクトな後者のタイプです。
114894502_2614537182132578_2337232121429400047_n.jpg
115886621_2614537208799242_5680101099660396364_n.jpg
PCのビュアアプリを入れて色々試して遊んでみました。私はドライブレコーダー初体験で、慣れた方には常識なのかもしれませんが、面白いですね。
全周の画像や音声に加え、三次元各方向の加速度計やGPSのデータと連動して、どこをどれくらいの速度でどんな運転で走らせていたか、全部記録されて、運転の上手下手も判ってしまうと思います。

[元の画像はこの様な円形の魚眼画像]
SC_20-7-25_12-1-15_No-00.jpg
[画像処理により360度パノラマに展開した画像]私の車の場合、取り付け場所の関係でドライバー=私の顔はルームミラーの陰で死角となります(^^;)
SC_20-7-25_12-2-0_No-00.jpg
[ドライバー視線に近い画像、PCの操作で左右に振って自由な方向を見ることができます]
SC_20-7-25_12-0-38_No-00.jpg
[ネットワークに繋がったPCでは地図と連動して走った場所が一目瞭然!]
SC_20-7-25_12-9-41_No-00.jpg

トンカのポルシェ935-76

今回は、米国の玩具メーカーブランド、トンカ(TONKA)のポルシェ935、細部の形状から935の初期型1976年の935-76をモデルにしたと思われます。
トンカは頑丈な自動車玩具として有名で、このポルシェもかなり厚めの鋼板プレスで出来ています。
走行ギミックはプルバックが広まる前の時代で、フリクションホイール(はずみ車)にエネルギーを蓄えて、リアウィンドウ部のボタンを押すと、止まった状態から、かなり力強くダッシュします。
TONKA 935-76-1.jpg
TONKA 935-76-2.jpg
TONKA 935-76-3.jpg
TONKA 935-76-4.jpg

メルクリンのポルシェ907

今回も古めのポルシェで鉄道模型で有名な西独メルクリンのポルシェ907です。
モデルとなったポルシェ907は1967年にデビューした当時のグループ6プロトタイプレーシングカーで、主力マシン910を基に長距離レースを念頭に空力性能を向上させたものです。
このミニカーはロングテールバージョン(標準型)を基にしたもので、流れる様なしっぽが特徴です。後年の917のテールにも明らかに影響を与えているようです。
綺麗なボディラインを再現しつつ、両扉、フロントフード、エンジンカバーがフルオープンする機構は見どころが多いと思います。
当時、メルクリンはイタリアのマーキュリーに生産委託していたという話がありますが、確かに構造や塗装の感じはマーキュリーに似ているところがあります。
メルクリン907-1.jpg
メルクリン907-2.jpg
メルクリン907-3.jpg
メルクリン907-4.jpg
メルクリン907-5.jpg
メルクリン907-6.jpg

時代の近いマーキュリー製品として、手持ちのパンサーの写真を上げておきます。
154323570617391284178.jpg

バンダイのBMW320i Gr.5

今回は電動で走る玩具です。新品時1970年代から所有しています。
バンダイのミニミニシルエットフォーミュラーシリーズのBMW320i ターボ、シリーズ名にもある様にグループ5いわゆるシルエットフォーミュラーマシンをモデルにしたもので、スケール表示はありませんがだいたい1/43スケールです。
BMW320iのシルエットフォーミュラーはグループ5の開始時から投入され、ポルシェ935のライバルと期待されましたが戦闘力の差は歴然でした。
玩具ですが、ボディの形状再現性はなかなかのものです。ところで、リアバンパーのところに造形されているタンクの様なものは何でしょうね(^^;)

パッケージには「電池で走る 世界でもっとも小さい」とあり、単三電池を入れて走らせることができます。単三より小さい電池がほとんど普及していなかった当時では限界的に小さかったのでしょう。

最大の特長は前後のバンパーが障害物に当たると反対方向に走る機構が組み込まれていることです。普通に考えるとバンパーと連動した電気スイッチを切り替えてモーターを逆転させてバックさせるところですが、これはバンパーの動きに連動して2組のギア列を切り替えてメカ的に実現してます。
BMW Gr5-1.jpg
BMW Gr5-2.jpg
BMW Gr5-3.jpg
BMW Gr5-4.jpg
BMW Gr5-5.jpg
BMW Gr5-6.jpg

[前後動の切り替え機構、前進/後進がギヤで切り替わります]
BMW Gr5-7.jpg

コーギーのポルシェ956

今回も1980年代後半、新製品として売られていた時代から我が家に居るミニカーです。
英国の老舗ミニカーメーカー、コーギー(CORGI)のポルシェ956、製造も英国で行われていた最後の時代です。裏面表示によると、1985年発売の様です。
ポルシェ956は1982年から採用された耐久レース用のプロトタイプレーシングカーの規定、グループCに合致するマシンで、初年度はロスマンズカラーのワークスマシンのみ、翌年からは市販されプライベートチームでも活躍し、後継の962とともに数年にわたりレース界を席巻しました。
このコーギーのミニカーはプラシャーシのダイキャストボディの組み合わせにタンポ印刷という組み合わせ、英国の老舗レーシングチーム、リチャード・ロイド・レーシングが走らせたキヤノンがスポンサーのマシンを表現しています。
ややフロントが詰まり気味に感じますが、最強の耐久マシンの雰囲気は再現されています。
corgi porsche956-1.jpg
corgi porsche956-2.jpg
corgi porsche956-3.jpg
corgi porsche956-4.jpg
corgi porsche956-5.jpg
corgi porsche956-6.jpg

LUSO-Toys のポルシェ917-30

今回も1970年代から我が家に住みついているミニカーです。
ポルトガルのルッソトイズ(LUSO-Toys)のポルシェ917-30、樹脂製で1/43スケール位の大きさです。
モデルとなったポルシェ917-30は1970年代初期のスポーツプロトタイプマシン917がレギュレーションの変更により活躍の場が少なくなったことを受け、北米のカンナムシリーズに向けターボで武装してオープンのボディを載せたものです。
古い設計のスペースフレームシャーシを使って急造されたにも関わらず圧倒的な強さでシリーズを席巻し、ライバル不在となりシリーズそのものを衰退させた「最強のポルシェ」の一台だと言えます。
このミニカーは軟質樹脂製で精密とは決して言えませんが、雰囲気を表現した良い造形だと思います。
LUSOTOY 917-30-1.jpg
LUSOTOY 917-30-2.jpg
LUSOTOY 917-30-4.jpg
LUSOTOY 917-30-5.jpg
LUSOTOY 917-30-6.jpg

LUSOTOY 917-30-3.jpg
箱の背面に描かれているイラストは子供が描いた様な不思議な画です(^^;)
LUSOTOY 917-30-7.jpg
このシリーズ、なかなかユニークな車種選択ですね、ローラ T292なんて......
LUSOTOY 917-30-8.jpg