ダイヤペット、アクションシリーズのBMW 3.5CSL

ダイヤペットのアクションシリーズのBMW 3.5CSL、1/40スケールダイキャストミニカーです。
これも新車時から我が家にありますが、実車が現役でスーパーカーブームの時代、1970年代末頃のモデルだと思います。
この時代の米沢玩具のダイヤペットは、全体としての商品企画よりも各協力会社が独自の企画で製品化していた感じで、同じブランドで同じ車種が別金型で出てくることも結構ありました。
このアクションシリーズはボンネットフード、トランクフード、両扉がボタンを押すことにより、バネ仕掛けで開く様になっています。
車高のバランスが若干悪くフロントが上がり気味ですが、ボディ形状はなかなか良いと思います。
diapet BMWCSL-1.jpg
diapet BMWCSL-2.jpg
diapet BMWCSL-3.jpg
diapet BMWCSL-4.jpg
diapet BMWCSL-5.jpg
diapet BMWCSL-6.jpg
diapet BMWCSL-7.jpg

ブリキのロボット

30年位前に入手した電池で動くロボット、1960年代頃の米国輸出用のリプロダクション品です。
ずっと我が家で飾られているのですが、電池を入れて見たら動きました!
少し歩くと胸の部分が開いて機関銃を打ちながら上半身が3回転しその後また歩き出します。
robot-1.jpg
robot-2.jpg
robot-3.jpg
robot-5.jpg

クラッシュカー

2020年6月20日、コロナ禍の都県境を超えた初の週末、人ごみを避けつつ久しぶりに都心に行ってみました。
何か月かぶりに大規模玩具店で入手したのが中国製のこの玩具です。
1970~74年の初代ダッジチャレンジャー風のボディにプルバック機能を有して結構なスピードで走り、障害物にぶつかるとボディがバラバラになるギミックを有しています。
買って来て試してみたのですが、様々な部分が組付けが硬かったりバリが出ていたりして綺麗にクラッシュしてくれませんでした。カッターとやすりで各部を調整すること小一時間、美しくボディが弾けてくれる様になりました。(^^;)
crash car-2.jpg
crash car-1.jpg
crash car-3.jpg
crash car-4.jpg
crash car-5.jpg
crash car-6.jpg
crash car-4.jpg

ベレムのポルシェ906 カレラ6

今回もコロナ禍の中、自宅から発掘したミニカーです。
フランス、ベレム(VEREM)のポルシェ906 カレラ6の1/43スケールダイキャストミニカーです。
このミニカーは同じフランスのソリド(SOLIDO)の金型が移管されて作られたものです。ソリド時代にかなり作られ、金型の消耗が大きかったためか、形状がダルになったり合わせが悪くなっているところもありますが、実車の雰囲気を良く再現していると思います。
但し、デカールはべレムになってから新造されたと思われ、1968年のル・マン24時間レース仕様となっています。
本当のガルウィングドアは透明樹脂製で、下半分はデカールを貼ることで再現する様になっています。
verem 906-1.jpg
verem 906-2.jpg
verem 906-3.jpg
verem 906-4.jpg
verem 906-5.jpg
verem 906-6.jpg

マッチボックスのターボ・スペシャルシリーズ、クレーマー・ポルシェ CK5

今回は、マッチボックス、ターボ・スペシャルシリーズのクレーマー・ポルシェ CK5、1/40スケールミニカー(玩具?)、マカオ製です。

クレーマー(KREMER)は長年に渡りポルシェと関係の深い有力チューナーで、単にポルシェの市販レーシングカーを使用してレースを行う事に留まらず、ポルシェを基に大改造したレーシングカーを開発していました。

1982年からプロトタイプレーシングカーはグループCの時代となり、ワークスポルシェは956を開発して使用しましたが、プライベートチームへの提供は翌1983年でした。1982年シリーズの為にクレーマーは古い936(1976年デビュー)のシャーシに規定に合わせた屋根を付けて独自のボディワークを載せたマシンを作り、CK5と名付けました。
このミニカーはそのCK5(裏面表示はCKSとなっていますが)をモデル化したもので、走行ギミックが付いた玩具的な立ち位置ですが、ダイキャストのボディ形状はズングリしたスタイルを良く表現しています。モデル化されたCK5は少ないと思われますので貴重だと思います。
ターボ・スペシャルシリーズはプルバックすると、最初はゆっくりと発進し、その後急加速します。
Kremer Porsche CK5-1.jpg
Kremer Porsche CK5-5.jpg
Kremer Porsche CK5-2.jpg
Kremer Porsche CK5-3.jpg
Kremer Porsche CK5-4.jpg
Kremer Porsche CK5-6.jpg
[ターボ・スペシャルシリーズのラインナップ、う~んかなり魅力的]
Kremer Porsche CK5-7.jpg

マッチボックスのBMW323iカブリオレ

前報[https://swada.at.webry.info/202006/article_1.html]に続きマカオ製マッチボックスです。
BMW323i カブリオレ、E30です。裏面の表示が1985年となっているので、E30現役当時のキャスティングの様です。
カブリオレと言いながら、ドアフレームとBピラー上部に横断構造が存在するのが、オープンカーに対する安全性規格が変貌しつつある時代を示していて、今見るとかえって魅力的に映ります。
323i-1.jpg
323i-6.jpg
323i-2.jpg
323i-3.jpg
323i-4.jpg
323i-5.jpg

京橋エドグランの北原コレクション展示「犬と猫」

東京都の緊急事態宣言が解除され、所用でほば2か月ぶりに山手線の内側に!
緊急事態宣言の解除に合わせて開催が延期されていた、京橋エドグランの北原照久氏のコレクションの春の展示が5/31から始まっているので、これも見てきました。
今回のテーマは「犬と猫」、膨大な北原コレクションの中から、テーマに合わせた古今の玩具~キャラクター物~アート作品がところ狭しに展示されています。
エドグラン北原コレクション犬猫展-01.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-02.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-03.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-04.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-05.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-06.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-07.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-08.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-09.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-10.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-11.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-12.jpg
エドグラン北原コレクション犬猫展-13.jpg

マッチボックスのポルシェ 935

外出自粛の中、自宅天袋の奥から出てきたものです。
マッチボックスのポルシェ 935(パッケージの表示は「RACING PORSCHE 935 TURBO」)です。
1976年から始まったグループ5、通称シルエットフォーミュラーにポルシェが送り込んだ935は無敵の強さで、他のマシンでは勝てない状態となりシリーズ自体を衰退させてしまいました。

935はレーシングカーとしては長期間活躍したので、ボディ形状のバリエーションがあります。
このミニカーの基となったのは、リアウィングステー部分のフィン状の形状等から判断して有力チューナーのクレマーが1979年に独自の開発を行って製作したクレマー・ポルシェ 935 K3かなと思います。カラーリングは米国のIMSAシリーズ出走車の雰囲気が感じられます。
MB P935-1.jpg
MB P935-2.jpg
MB P935-3.jpg
MB P935-4.jpg
MB P935-5.jpg
MB P935-6.jpg

ヘルパのBMW M3

今回は1990年代にBMWのディーラーでもらったものです。
ヘルパ(herpa)のBMW M3、ツーリングカーレース仕様のHOサイズ(1/87スケール)ミニカーです。
初代M3(1986年~E30型)は当時始まって間もないグループA規定のツーリングカーレースに勝つために作られたマシンで、ドイツ・ツーリングカー選手権:DTMなど各国のレースで大活躍しました。
このミニカーのモデルはその中でも別格のシュニッツァーが走らせたワークスマシンで、ジョニー・チェコットがドライブし、好成績をあげました。
当時のヘルパは先行のヴィーキング(バイキング)に対抗して、再現性の高いプラスティックボディに初めて塗装を施したり、高精細なタンポ印刷技術を駆使して、HOスケールとは思えないミニカーを世に出していました。
schnitzer BMW M3-2.jpg
schnitzer BMW M3-1.jpg
schnitzer BMW M3-3.jpg
schnitzer BMW M3-4.jpg
schnitzer BMW M3-5.jpg
schnitzer BMW M3-6.jpg

カルッツオのポルシェ804 F1

今回は、二十年程前に入手したものです。
ポルトガル、カルッツオ(QUARTZO)製のポルシェ804 F1、1/43スケールダイキャストミニカー、1962年のフランスGPでダン・ガーニー(DAN GURNEY)のドライブで優勝したマシンです。
1.5リッターF1マシンは今では考えられない程小さいですが、水平対向エンジンを搭載するためリア部分が幅広く低く独特の形状となっています。
porsche 804-1.jpg
porsche 804-5.jpg
porsche 804-2.jpg
porsche 804-3.jpg
porsche 804-4.jpg
porsche 804-6.jpg
このマシンはドイツ・シュトゥットガルトのポルシェ博物館に収蔵され動態保存されていますが、13年前の2007年ころ、718 F2とともに来日して各地で展示やデモ走行を披露しました。私は名古屋のポルシェセンター名古屋のショールームに展示されているのを間近で見ることができました。
porsche 804-0.jpg

ミニチャンプスのメルセデスベンツ230E

今回はミニチャンプス(MINICHAMPS)のメルセデスベンツ 230E(MERCEDES-BENZ 230E)、1/43スケールダイキャストミニカーです。
W123型と呼ばれるこのタイプは1976~1985年の間製造され、1982年に小型の190E(W201)が出るまで「コンパクト」と称しメルセデスのセダンの2種類のラインの小型ボディでした。
過剰品質とまで言われたこの時代のメルセデスの堅牢な雰囲気を良く表していると思います。特にボディ同色のセンターを持つホイールの雰囲気は素敵です。
W123-1.jpg
W123-5.jpg
W123-2.jpg
W123-3.jpg
W123-4.jpg
W123-6.jpg

エブロのダットサン フェアレディ 2000 1966年日本グランプリ

かなり前に在庫処分品として入手したものです。
エブロ(EBBRO)のダットサン フェアレディ 2000(SR311)、1966年の日本グランプリ出場車の1/43スケールダイキャストミニカーです。
当時の日産ワークスのレースカー、ラリーカーのワークスカラーである赤茶色にシンプルなゼッケンサークルやクラス分け表示が雰囲気を盛り上げていると思います。
写真に¥3,400のシールが見えますが、これが当時の定価です。当然この価格では入手していません。
sr311-1.jpg
sr311-5.jpg
sr311-2.jpg
sr311-3.jpg
sr311-4.jpg

オニクスのザウバーC13

ポルトガルのミニカーメーカー、オニクス(ONYX)製、1994年のF1に出走した、ザウバー(SAUBER)C13の1/43スケールダイキャストミニカー、オーストリア人のカール・ベンドリンガー(KARL WENDLINGER)がドライブしたマシンです。
実車は前年までに引き続きイルモア製3.5L V10エンジンを搭載しましたが、メルセデスのF1復帰に伴いザウバー・メルセデスと呼ばれる様になりました。このミニカーがどのGPの仕様かは不明ですが、スポンサーから判断して、シーズン前テストか極初期バージョンだと思われます。
スポンサーロゴの少なさが弱小チームらしさを醸し出しています。

ベンドリンガーはM.シューマッハやH.H.フィレンツェンとメルセデス育成ドライバーとして嘱望されていましたが、この年の第4戦モナコGPで再起不能と思われた大事故を起こし、以後その速さは戻らなかったようです。
sauber c13-1.jpg
sauber c13-5.jpg
sauber c13-2.jpg
sauber c13-3.jpg
sauber c13-4.jpg
sauber c13-6.jpg

LLEDOのスキャメル大型トラクタートラック

前報[https://swada.at.webry.info/202005/article_2.html]に引き続き、英国レド(LLEDO)デイズゴーン(DAYS GONE)シリーズです。
1937年式 スキャメルの重量物運搬用トラクタートラック(1937 SCAMELL TRACTOR PICKFORDS)です。
ボディに描かれている「PICKFORDS HEAVY HAULAGE」は英国の大手運搬業者の重量物運搬部門の様です。

重量物運搬車の無骨な感じが良く表現されていますが、唯一残念なのが樹脂製のホイールとタイヤの軽々しさだと思います。取り替えたい(^^;)
pickford truck-1.jpg
pickford truck-5.jpg
pickford truck-2.jpg
pickford truck-3.jpg
pickford truck-4.jpg
pickford truck-6.jpg

LLEDOのBPデリバリーバン

今回は英国レド(LLEDO)デイズゴーン(DAYS GONE)シリーズの1926年式 デニス デリバリーバン BP(1926 DENNIS DELIVERY VAN BP)です。
LLEDOは元レズニー創業者の一人のODELL(逆から読むとLLEDO!)氏らが1982年に設立したミニカーメーカーで、その作風にはマッチボックスの雰囲気が色濃く残っています。
このミニカーは1926年=昭和元年のオイルメーカーBPのデリバリーバンをモデルとしたもので、1990年代後半ころのものと思われます。
プラスチックが使われる様になった時代のものですが、英国で製造され、古き良き時代の商用車の特徴を良く表現していると思います。
dennis BP-1.jpg
dennis BP-5.jpg
dennis BP-2.jpg
dennis BP-4.jpg
dennis BP-5.jpg
dennis BP-6.jpg

Mr.クラフト特注のティレル025

前報の1998年のロータス78[https://swada.at.webry.info/202004/article_7.html]に引き続き、20世紀末のF1マシンです。
ティレル(TYRRELL)025、1997年1月にこの年のティレルのテストドライバーだった高木虎之介がシルバーストーンテストでドライブしている状態という、日本以外では売れない仕様です。(^^;)
オニックス(ONYX)に日本のミニカーショップ、Mr.クラフトが特注して作ったもののようです。
かつての輝きは無くなって、コンストラクターズポイントの最下位争いをしていたティレルは翌年の026でその歴史を閉じ、BARにチームを売却しました。
その後チームは、BAR→ホンダ→ブロウン→メルセデスと売却されています。
tyrrell 025-1.jpg
tyrrell 025-2.jpg
tyrrell 025-3.jpg
tyrrell 025-4.jpg

カルッツオのロータス78

前回まで、1998年にラリー/ラリーレイドで活躍したマシンをご紹介しました。
今回は更に20年程前のF1マシンです。
カルッツオ(QUARTZO)のロータス78/ジョン・プレイヤー・スペシャル・マークⅢ、1998年のUSウェストGPでロニー・ピーターソンのドライブで4位になったマシンの1/43スケールダイキャストミニカーです。多分20世紀末期のミニカーだと思います。
モデルとなったロータス78はウィングカーと呼ばれるサイドポンツーン内の逆翼形とサイドスカートの効果で強大なダウンフォースを発生させる仕組みを初めて採用したことで、F1技術史上のエポックの一つと言えるでしょう。
また、ロニー・ピーターソンはこの1978年シーズン後半のイタリアGPのに同マシンで臨み、事故の後遺症(対処ミス?)で亡くなることになります。
ブラックビューティーと呼ばれたこのミニカー、なかなか良く出来ており、リアウィングステーは薄い板金で出来ています。唯一最大の残念ポイントが車高の高さ!サイドスカートが地面に接するほど(というか実際に引きずって走っていた)車高を下げたいところです。
下から見ると、サイドポンツーン内のベンチュリ部が再現されています。

lotus 78-1.jpg
lotus 78-2.jpg
lotus 78-3.jpg
lotus 78-4.jpg
lotus 78-5.jpg
lotus 78-6.jpg

トロフィーユのスバル・インプレッサWRC

前報まで[https://swada.at.webry.info/202004/article_2.html][https://swada.at.webry.info/202004/article_3.html][https://swada.at.webry.info/202004/article_4.html]][https://swada.at.webry.info/202004/article_5.html]2000年前後にかつて東京恵比寿にあった日本最大級のミニカーショップ「Mr.クラフト」で入手した、1998年に活躍したラリー/ラリーレイドカーをご紹介しました。
今回も同年のラリーカー、第四戦のポルトガルラリーでコリン・マクレーのドライブで優勝した、スバル・インプレッサWRC、ポルトガルのトロフィーユ(TROFEU)製です。
私は、近年のコンパクトカーベースより、3ボックスのセダンボディで争われるラリーに魅かれてしまいます。
impreza wrc-1.jpg
impreza wrc-2.jpg
impreza wrc-3.jpg
impreza wrc-4.jpg
impreza wrc-5.jpg
impreza wrc-6.jpg

スキッドの三菱ストラーダ L200 パリダカ仕様

前報まで[https://swada.at.webry.info/202004/article_2.html][https://swada.at.webry.info/202004/article_3.html][https://swada.at.webry.info/202004/article_4.html]2000年前後にかつて東京恵比寿にあった日本最大級のミニカーショップ「Mr.クラフト」で年に数回開催されていたバーゲンセールで格安入手したものをご紹介しています。
今回も同じ様に入手したもののご紹介です。
ポルトガルのミニカーメーカー、ビテス(Vitesse)のブランド:スキッド(SKID)の三菱ストラーダL200の1/43スケールダイキャストミニカー、モデルとなったのは1998年のパリ-ダカールラリーにソーサのドライブで出走したマシンです。
ストラーダは見ての通りのダブルキャブのボンネットトラックですが、その中身は同じパリダカを走った主戦マシンのパジェロ・エボリューションと同じエンジンを搭載し、四駆システムを備えており、レースに参加しつつ同じチームのパジェロを援助するクイックサポートカー(:主戦マシンにトラブルが発生したときに駆け付けて助ける)として活躍していた様です。
チームの脇役として働いていたマシンで、あまり知名度はありません(WEBや紙資料でもほとんど触れられていない)が、その独特の雰囲気はミニカー映えすると思います。
こんなにホイールベースが長くてサハラ砂漠の砂丘をスムーズに超えられたのでしょうか。
strada-1.jpg
strada-6.jpg
strada-2.jpg
strada-3.jpg
strada-4.jpg
strada-5.jpg

スキッドの三菱パジェロ エボリューション

前々報、前報[https://swada.at.webry.info/202004/article_2.html][https://swada.at.webry.info/202004/article_3.html]と2000年前後にかつて東京恵比寿にあった日本最大級のミニカーショップ「Mr.クラフト」で年に数回開催されていたバーゲンセールで格安入手したものをご紹介しています。
今回も同じ様に入手したもののご紹介です。
ポルトガルのミニカーメーカー、ビテス(Vitesse)のブランド:スキッド(SKID)の三菱パジェロ エボリューションの1/43スケールダイキャストミニカー、モデルとなったのは1998年のパリ-ダカールラリーに篠塚健次郎のドライブで三菱石油ラリーアートチームから出走し、2位になったマシンです。
今はその面影さえもありませんが、このころのパリダカのパジェロは本当に強くて、市販車も人気でした。このミニカーはその雰囲気を良く表していると思います。
pajero-1.jpg
pajero-2.jpg
pajero-3.jpg
pajero-4.jpg
pajero-5.jpg
pajero-6.jpg