東急電鉄 新丸子保線基地の三枝分岐器

我が家の集合住宅の目前に東急の東横線と目黒線が走っていて、その横に保線車両が集まっている一角があります。
先日、BS放送の東急電鉄関連バラエティー番組を見ていたらここが出てきてビックリ!新丸子保線基地という名称があることも初めて知りました。
同時にここに国内でも珍しい「三枝分岐器」(一つの線路を一か所で三つの線路に分岐する切り替えポイント)があるということを知りました。
WEBによると、三枝分岐器は構造が複雑になるため、通常は通常の二枝を組み合わせて使いますが、スペースの関係で不可能な場合にのみ使われるとのことです。

今日、ベランダから見てみたら、ありました!
普通に電車に乗っていて見つけたり写真を撮ったりするのは結構困難な場所だと思います。

[新丸子保線基地:三角形の地形です 手前側を東横線と目黒線が走っています]
新丸子保線基地-1.jpg
[黄色い各種の保線車両が留まっています。動いているところを見た覚えが無いので、夜行性なのでしょう(^^;)]
新丸子保線基地-2.jpg
[写真の上方に見えるのが、三枝分岐器]
新丸子保線基地-3.jpg
[ちょっと判り難いので、同じ写真に矢印を付けてみました]
新丸子保線基地-3-2.jpg
[手動切り替えポイントなんですね]
新丸子保線基地-4.jpg

JR四国のアンパンマン列車

2020年3月20日、法事のため愛媛県今治まで娘一家と行ってきました。
松山空港まで飛行機で行ってから、JR四国予讃線の松山駅-今治駅間でタイミング良く(日に3往復のみ)アンパンマン列車に乗ることができました。
アンパンマンの生みの親であるやなせたかし氏が四国高知県の出身であるという縁で四国内の5線でアンパンマン列車が運行されているそうで、ここ予讃線は流線型が美しい8000系という車両が使われています。
外装のイラストばかりでなく、特別指定席(16席のみ)は車内のシート、天井、床までアンパンマンとその仲間で埋めつくされています。
約40分の旅でしたが、孫も大喜びでした。
SWD_0028.JPG
DSC_1438.JPG
SWD_0027.JPG
SWD_0001.JPG
SWD_0015.JPG
SWD_0164.JPG

自動車画家吉田秀樹展

2020年3月14日、愛知県名古屋市にある小さな自動車博物館「アウト ガレリア"ルーチェ"」で開催されている企画展「巴里で活躍した日本人自動車画家 吉田秀樹の軌跡」を見てきました。
昨秋に亡くなられた吉田秀樹氏を偲ぶ展示で、置かれている実車は4台、いずれも氏が愛して画のモデルとしたクルマで、作品と同じアングルで実車と合わせて見ることができる様にレイアウトされています。
他にも氏の作業机の再現や、ミニチュアカー等も展示され、多面的に作品を見せる工夫がされていました。
吉田秀樹展-1.jpg
吉田秀樹展-2.jpg
吉田秀樹展-3.jpg
吉田秀樹展-4.jpg
吉田秀樹展-5.jpg
吉田秀樹展-6.jpg
吉田秀樹展-7.jpg
吉田秀樹展-8.jpg
吉田秀樹展-10.jpg

ディンキーのボルボ1800S

今回も我が家で半世紀以上熟成されてきたミニカーの一台です。
英国の老舗ミニカーブランド、ディンキー(DINKY)のボルボ1800S、1/43スケールダイキャストミニカー、全長約102mmです。
モデルとなった実車は1961~74年まで作られた2ドアスポーツクーペで、ピエトロ・フルアの流麗なボディをまとっています。
ミニカーは当時のディンキーらしくちょっと無骨な感じの造形で、ドア、ボンネット、トランクフードの開閉に加え、シートの背が可動となっています。ダイヤカットのヘッドライトが時代を感じさせて素敵です。
dinky volvo 1800s-1.jpg
dinky volvo 1800s-2.jpg
dinky volvo 1800s-3.jpg
dinky volvo 1800s-4.jpg
dinky volvo 1800s-5.jpg

デンマーク、テクノのボルボP1800も所有していますが、こちらは可動部無しで、ボディラインの美しさを強調していて近代的に見えます。[https://swada.at.webry.info/201707/article_5.html
volvo1800-2.jpg

リオのイターラ

今回は我が家の半世紀熟成ミニカーから、イタリアのリオ(RIO)製、イターラ(ITALA)、1907年に開催された北京-パリ(16,000km!)レースに出場して優勝したマシンです。
7リッターを超える排気量のエンジンを備え、2人分のシートは風雨から守るものはほとんど無く、大容量の燃料タンクと複数のスペアタイヤ、なかなか見どころの多いスタイリングだと思います。
現車はトリノ自動車博物館に収蔵/展示されているようです。
Itala-1.jpg
Itala-2.jpg
Itala-3.jpg
Itala-4.jpg

ソリドのメルセデス・ベンツ SS(オープン)

我が家の半世紀熟成ミニカーからメルセデス・ベンツを紹介しています。

前回はソリド製の戦前のスーパースポーツカー、1928年のSSの幌を閉じたモデルをご紹介しました[https://swada.at.webry.info/202002/article_8.html]が、今回は同じキャストを用いたオープンモデルです。
オープン化に伴い、フロントウィンドウも倒されて、より開放感が感じられる様になっています。
solido SSopen-1.jpg
solido SSopen-2.jpg
solido SSopen-3.jpg
solido SSopen-4.jpg

ソリドのメルセデス・ベンツ SS(幌閉)

我が家の半世紀熟成ミニカーからメルセデス・ベンツを紹介しています。
https://swada.at.webry.info/202002/article_5.html][https://swada.at.webry.info/202002/article_6.html][https://swada.at.webry.info/202002/article_7.html][https://swada.at.webry.info/202002/article_8.html
今回は戦前のスーパースポーツカー、1928年のSS、No.132、1/43スケール、全長約113mmです。
1960年頃に我が家にやってきましたが、このミニカーは長寿でかなり後年まで作り続けられたようです。
あのDr.ポルシェが開発に貢献した、直列8気筒エンジン搭載のこの車は、4座ボディと長いボンネットとのバランスが素晴らしいと思います。

solido SSclosed-1.jpg
solido SSclosed-2.jpg
solido SSclosed-3.jpg
solido SSclosed-4.jpg
solido SSclosed-5.jpg