なごや骨董フェスタでミニカーを入手 その3 ディンキーのジャガーSS100

前々報から名古屋市内の名古屋国際会議場で開催された「なごや骨董フェスタin白鳥」に行って古いミニカーを入手してきたことをご報告しています。[http://swada.at.webry.info/201604/article_10.html][http://swada.at.webry.info/201604/article_11.html

最終の3台目は、英国メカノ社のディンキーブランド、「ジャガーSS100」、No.38f、全長約80mmです。ミニカーは戦後直ぐ、1940年代に発売されたものと思われます。

ジャガーSS100は戦前にジャガー社の前身スワロー社が製造したスポーツカー、性能の割に価格が安く名前の100は時速100マイルから来ているそうです。

この個体は、各部の塗装剥げに加え、セパレート式のウィンドウスクリーン、ステアリングホイールが欠品、左前フェンダーの前端が欠けていますが、基本ボディとタイヤホイールがしっかりしているのでちょっと直してやりたいと思います。
画像
画像
画像
画像


最後にアウトガレリアルーチェのジャガー展で写した超美品の1937年式を。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック