フォードのミニカー その2 ディンキーのムスタングファストバック

前回から、最近、日本市場から撤退するニュースが流れたフォードの1960年代のミニカーをご紹介しています。[http://swada.at.webry.info/201602/article_5.html
2回目の今回は、英国ディンキー社製のフォード・ムスタング(今の言い方だとマスタングですね)ファストバック、No.161、全長110mmです。多分1/43スケール程度だと思います。

モデルとなった実車は、1964年にデビューした初代ムスタングに1965年に追加されたリアハッチを持ったファストバックです。この初代は流麗なスタイリングと低価格のため、歴史的な大ヒットとなりました。スティーブ・マックイーンの映画「ブリッド」でサン・フランシスコの街を疾走したのもこの車です。

ミニカーはドア、ボンネット、トランクとフルオープン可能で、エンジンやホイールのデザインまで良く再現されています。実車と比べると、グリーンハウスが小さく、扁平にデフォルメされていると感じました。

英国ディンキーの欧州車のミニカーに比べるとデフォルメが強い理由としては、当時は欧州まで米国の新車はそんなに早く輸出されなかったため、カタログ等の二次元資料から造形したのではないでしょうか。当時のカタログでは写真よりも流麗さを誇張した絵も多用されていたため、これを参考にしたミニカーもその様な形状になったと推測しました。
画像
画像
画像
画像
画像


以前ご紹介した、1990年代、マッチボックスの傘下に入ったディンキーの製品、DY16、中国製の写真を再録しておきます。[http://swada.at.webry.info/201510/article_3.html]新しいものは実車の形状の再現が綺麗ですが、実車と同じ時代のものには、風格が感じられます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック