全日本模型ホビーショー2014

画像
初夏に行われる「静岡ホビーショー」と並び日本の2大ホビーショーの一つである「全日本模型ホビーショー」(東京国際展示場/東京ビッグサイト)の一般公開日(9/27)に行ってきました。
いつもの様に自動車プラモデルを中心に気になったのをいくつかご紹介します。
①スバル BRZ ストリートカスタム、1/24スケール/タミヤ:このカスタムは恰好良いですが、静岡でも東武でも今回も自動車プラモの本道1/24でタミヤから新金型品が出てこないのが気がかりです。1/35のトヨタABフェートンは素晴らしい出来で発売になりましたが。
画像

②ロータス 49 フォード、1/12スケール/タミヤ:息の長いモデルですが、エッチングパーツでレベルアップして再登場です。羽が生えておらず、ナショナルカラーにDFVがむき出しで搭載、このころのF1は恰好良いと思います。
画像

③サニートラック、1/24スケール/ハセガワ:今回のショーのパーソナルベストです。これまでこの110系のサニトラはレジンキットしかなかったのを、ハセガワさんが新金型でやってくれました。裏側まで非常に繊細に出来ています。
画像

④430セドリックセダン 覆面パトロールカー、1/24スケール/アオシマ:アオシマは他社と一味違う製品を出してきますが、西部警察時代の覆面パトです。覆面パトの実車にはあまりお会いしたくありませんね。
画像

⑤MGメトロ 6R4、1/18スケールダイキャストミニカー/サンスター:グループB時代のミッドシップモンスターです。ミニカーは一昔前だとレジンキットしか無い様なモデルが出てきますね。
画像

⑥三菱リージョナルジェット(MRJ)、1/200スケール/ファインモールド:最後は飛行機で。YS11以来の国産旅客機をファインモールドが初飛行前にモデル化してくれました。スリムな機体が良い感じに再現されていると思いました。この勢いで「ホンダジェット」のモデル化もいかがでしょうか。
画像


今回のショーはバンダイの妖怪ウォッチ関連の限定品販売があったので小学生とその保護者でにぎわっていました。このなかの何パーセントかがプラモデル作りに興味をもってくれると良いのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック