トヨタ博物館「クラシックカーフェスティバル」

画像
2014年5月25日に愛知県の「愛・地球博記念公園」とその周辺で開催された「クラッシックカーフェスティバル」を見に行ってきました。毎年行こうと思いつつ他の用事が重なって行けませんでしたが、今年初めて行くことができました。
公園の駐車場が混むと聞いたので、トヨタ博物館近くの臨時駐車場に車を止め、その近辺でパレードを見た後、新交通「リニモ」(初めて乗りました)で会場に向かいました。
画像

パレード走行車両は一般公募の車で玉石混合の感がありましたが、私の気に入ったものは
①ブガッティ(型式名、年式わかりません、ごめんなさい)
パレードでは小さな車に4人乗って楽しそうに手を振りながら走っていました。
画像

②コード812 ビバリーセダン(1937):戦前にFFでリトラクタブルライトと先進的な技術の車、この形と色、今回のパレード参加車中私のBESTです。
画像

トヨタ博物館収蔵車も青空の下で見るといつもと感じが違います。
③シボレーコルベア(1960)欧州の小型車に対抗するためGMが開発した車ですが、横転事故で欠陥車問題となりました。ウルトラマン世代には元祖ウルトラマンの科学特捜隊の専用車としておなじみですね。
画像

④チシタリア202クーペ(1947):戦後直ぐにフラッシュサイドのこの素晴らしいデザイン!ニューヨークの近代美術館の永久展示車となったことでも有名です。
画像

⑤トヨタ ライトバス(RK170B、1963):トヨタ車体がレストアした車体で同乗試乗に供されていました。ボディがリベットで組み立てられています。50年以上前のバスですが、とても良い感じです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック