アクセスカウンタ

SWADA's Hobby Room

プロフィール

ブログ名
SWADA's Hobby Room
ブログ紹介
自動車模型を中心としたモデラー&コレクターです。

これまでに作ったり、改造した模型や工作、乗り物や模型関連のコレクション、日々の生活で見つけたこと、気になったことなどを写真付きで載せています。

もし、気になったものがありましたら、コメントを残していただけたら嬉しく思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ペニーのランチア フラヴィア ザガート スポルト
ペニーのランチア フラヴィア ザガート スポルト 今回もイタリア、ポリトイスの小スケール版、ペニー(penny)のご紹介です。 イタリア、ランチア(LANCIA)のフラヴィア ザガート スポルト(FLAVIA ZAGATO SPORT)、1/66スケールダイキャストミニカー、全長約69mmです。 フラビアはランチアのミドルレンジで、このザガートのデザインによるスポルトは1960年代前半にデビューしたもので、ルーフまで回り込んだクオーターウインドウが特徴でユニークなデザインが素敵です。ランチアにはフルビア(FULVIA)という似た名前の車があ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/20 22:44
ペニーのOSI BISILURO
ペニーのOSI BISILURO 今回もイタリアポリトイスの小スケールブランド、ペニーです。 OSI BISILORO、1/66スケールダイキャストミニカー、全長約61mmです。 モデルとなった実車はOSIがボディワークを行った、1967年のスピード記録車だそうです。 横から見ると、初期型のロータス・ヨーロッパにちょっと似ている気がしますが、双胴のカタマランボートの様なフロントとリア部分と割と普通のキャビン部分の融合が特徴的です。二人乗りですが、足を入れるスペースは大丈夫だったのでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/18 22:22
ペニーのフィアット850クーペ
ペニーのフィアット850クーペ 今回の我が家の半世紀熟成物は小スケールでいきます。 イタリア、ポリトイスの小スケールブランド、ペニー(penny)のフィアット850クーペ、1/66スケールダイキャストミニカー、全長約56mmです。 モデルとなった実車は1960年代後半に大衆車850のシャーシにスポーティなボディを架装したもので、ミニカーもその時代のものだと思われます。 ペニーは小スケールには珍しく、スケールを統一しており(他社は箱の大きさに合わせてスケールを変える場合が多い)真面目な作りが特徴です。 この個体、状態はま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/15 09:23
東京おもちゃまつり
東京おもちゃまつり 2017年10月14日、首都圏は雨が降ったりやんだりの一日、東京四谷の東京おもちゃ美術館で開催の「東京おもちゃまつり」に行ってきました。 2日間の日程で主に木製玩具関連の展示、製作体験や販売を行うもので、多くの子供連れでにぎわっていました。 今回、ここで入手したもののご紹介です。 1.ドイツ製の木製自動車:素朴な造形ですが、ポルシェ911(赤色/全長約45mm)とフォルクスワーゲン・ビートル(青色/全長約50mm)と明確に判ります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/14 22:39
コーギーのスチュードベーカー・ゴールデンホーク
コーギーのスチュードベーカー・ゴールデンホーク 先日の「カートイズミーティング in 浜松」での入手品。 今回は、英国コーギー社のスチュードベーカー・ゴールデンホーク(STUDEBAKER GOLDEN HAWK)、1/43スケールダイキャストミニカー、全長約104mmです。 実車はスチュードベーカー社の末期、1950年代後半頃のものなので、このミニカーも同時期だと思われます。この個体、めっきがほとんど剥げ落ちていますが、新品時には名前の通り金色に輝いていたのでしょう。なかなか凝ったボディラインを良く表現しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/10 22:05
コーギーのアストンマーチンDB4
コーギーのアストンマーチンDB4 先日の「カートイズミーティング in 浜松」の獲物 英国、コーギー社のアストンマーチンDB4、1/43スケールダイキャストミニカー、全長約96mmです。 例によってジャンク品、塗装は剥げだらけ、タイヤは4本とも失われていますが、ダイキャスト部ウィンドウ、ホイールはしっかりしています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/07 09:25
HUBLEYのキャデラック
HUBLEYのキャデラック 2017年10月1日の「カートイズミーティング in 浜松」で入手したものです。 米国製HUBLEY KIDDIE TOYの樹脂製モデル、全長約104mmです。 このあたりの米国車には詳しくありませんが、テールフィンが生え始めたころ1950年代前半のキャデラックでしょうか。裏板も無いチープ玩具ですが、その形状はなかなかのものだと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/06 21:47
居酒屋「店長のひとりごと」開店9周年記念ミニカー
居酒屋「店長のひとりごと」開店9周年記念ミニカー 私が今年3月まで9.5年単身赴任した愛知県の名古屋市伏見にある居酒屋「店長のひとりごと」は毎年3月の開店記念日に記念トミカを製作しています。 今年は私の引っ越しで入手が遅れていたのですが、先日の浜松のカートイズミーティングで半年遅れで入手することができました。 毎年、市販のトミカにタンポ印刷を施しボンネットに年の数の☆印、リアウィンドウに「店長のひとりごと」と入っています。 今年は、フォード・マスタング!シンプルなデザインでなかなか良い感じです。 これで、手元に6〜9周年の4台が揃いまし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/05 21:48
ディンキーのベントレーS2ドロップヘッドクーペ
ディンキーのベントレーS2ドロップヘッドクーペ 今日の我が家の半世紀熟成物のミニカーは英国の高級パーソナルカーでいきます。 英国ディンキー製のベントレーS2(BENTLEY S2)、1/43スケールダイキャストミニカー、全長約112mmです。 S2は1959〜62年に発売されたそうで、このミニカーもその当時、1960年頃のものだと思われます。 このオープンボディは英国のコーチビルダー、H.J.ミュリナー(マリナー)が架装したドロップヘッドクーペだと思われます。 フォーマルなセダンも良いですが、この巨大な2扉4シーターボディもなかなかス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/27 22:17
仮面ライダーカードホルダーと食玩自動車
仮面ライダーカードホルダーと食玩自動車 2017年9月24日、東京竹橋の科学技術館で開催されていた「スーパーフェスティバル'75」に行ってきました。タイトルからは何のイベントかわかり難いですが、フィギュア系を中心としたかなり大規模なホビー系マーケットです。 自動車系の玩具やミニカー類はあまり無く、私の専門分野からはややずれているのですが面白いもの、変なものが色々出展されていました。 今回入手したのは、2点のみです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/25 22:01
警察博物館
警察博物館 2017年9月23日、京橋エドグランから銀座方向へ歩いて、警察博物館の前へ来ました。 しばら工事を行っていましたが、このゴールデンウィークにリニューアルオープンしたようです。 エントランス前のパトカーは、マツダRX-8。 1階エントランスには、ヘリや白バイに混じって100年前の「赤バイ」、米国インディアンの側車付きが(これはリニューアル前からあったと思いますが) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/24 08:36
京橋エドグランでモーションディスプレ−を見学
京橋エドグランでモーションディスプレ−を見学 2017年9月23日、先日TVを見ていて知った東京、「京橋エドグラン」に行ってきました。 ここは2016年11月に再開発されてオープンした、オフィス/商業施設の総合施設で、地下鉄京橋駅から直結、東京駅からも徒歩10分以下という好立地にあります。 昔からこの地で店を開いていた地権者が主体となって開発を進めたそうで、そういうお店も入居しています。 また、この敷地の一部には、世界的玩具コレクターの北原照久さんの実家があったそうで、この施設の企画にも参画されています。 現在、地下通路のショーケー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/23 22:08
コーギーのシボレー・インパラ ポリスカー
コーギーのシボレー・インパラ ポリスカー 今回の半世紀熟成物は、英国コーギーのシボレー・インパラ ポリスカー(CHEVROLET IMPALA)、1/43スケールダイキャストミニカーです。 大きな傷も無く、樹脂製アンテナや紙製シールも健在です。 写真を撮るときに埃と汚れをもう少し落としてやれば良かったと反省! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/22 22:10
オート・ピレンのミニカタログ
オート・ピレンのミニカタログ 前報で、スペイン、オート・ピレン(AUTO PILEN)のランチア・ストラトス・ゼロ(LANCIA STRATOS ZERO)のミニカーを入手したことをご報告しました。[http://swada.at.webry.info/201709/article_6.html] 今回はこのミニカーのケースの中に入っていたミニカタログです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/17 22:43
オートピレンのストラトス・ゼロ
オートピレンのストラトス・ゼロ 本日、2017年9月16日、午前中は東京平和島の骨董祭へ行きましたが、収穫無し。 午後は中野へ、ここで入手したのが今回のご紹介品です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/16 21:25
スポット・オンのベントレー
スポット・オンのベントレー 今回の半世紀熟成ミニカーは本物のビンテージカーでいきます。 北アイルランド、スポット・オン(SPOT ON)の英国車、「ベントレー4 1/2L スーパーチャージド」(BENTLEY 4 1/2L SUPERCHARGED)、1/42スケールダイキャストミニカー、全長約110mmです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/15 22:18
コーギーのジャガーXJ12C
コーギーのジャガーXJ12C 我が家の半世紀ものミニカーシリーズ。 今日は、英国コーギー製のジャガーXJ12C、1/36スケール、全長約131mmです。 ジャガーのV型12気筒エンジンを搭載した高級セダン、当時は信頼性の低さから、「壊れるまでは良い車なんだけどねぇ」とか「修理に入っている時間の方が長い」とかさんざんに言われていました。 コーギーのこの1/36スケールのシリーズ、通常の1/43スケールに比べ2まわりほど大きく、作りは玩具っぽいですが、独特の良い雰囲気があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/12 22:09
目黒のさんま祭り
目黒のさんま祭り 「さんまは目黒に限る!」 落語話にちなんだ、東京・目黒の「目黒さんま祭り」が2017年9月10日に開催されました。(来週9月17日にも別の商店街主催の同祭りがあります) 一度見に行きたいと思っていたのですが、今日家内と一緒に行ってきました。 目黒通り片側3車線と駅前ロータリーから車を締め出して、宮城県宮古市から持ってきた大量のサンマを塩焼きにして無料で振る舞うとのことで、例年10〜14時の4時間の開催時間で3万人!が集まる大人気イベントです。 10時過ぎに会場に着いたのですが、無料サンマ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/10 17:31
コーギーのランブラー・ファストバック
コーギーのランブラー・ファストバック 我が家に半世紀位居座っているミニカーシリーズ、今日はアメリカ車です。 英国コーギー社のランブラー・ファストバック(RAMBLER FASTBACK)、1/43スケールダイキャストミニカー、全長約100mmです。 モデルとなった実車は1966年頃のアメリカンモータース(AMC)のブランド、ランブラーの2扉ファストバック、なだらかに下がるリアウィンドウ部分は固定の様です。 この特徴的な2トーンの塗り分けは実車でも行われていたようです。(拾い画像申し訳ございません) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/09 21:17
ソリドのブガッティ タイプ41 ロワイヤル
ソリドのブガッティ タイプ41 ロワイヤル 今日のミニカーご紹介は、1960年代頃のフランス、ソリド(SOLIDO)のブガッティ タイプ41 ロワイヤル、1/43スケールダイキャストミニカー、全長約137mmです。 当時のオリジナルのブガッティは高価で高性能な車を少数製造するメーカーでしたが、このロワイヤルは王族・皇族や超金持ちを対象とした究極のVIPカーで、1927〜33年にわずか6台(7台説もありますが)が作られたのみだと言われています。当時の超高級車はシャーシで販売され、顧客が好みのボディを発注して載せることが普通で、ロワイヤルも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 16:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

SWADA's Hobby Room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる