テーマ:自動車

トヨタ博物館 「裏」展 を見てきました(その2 模型と通常展示車)

前報[http://swada.at.webry.info/201404/article_9.html]に引き続き、トヨタ博物館で開催されている、開館25周年記念 企画展「トヨタ博物館「裏」展」に関して、模型や展示車の一部をお見せします。 バスの模型、もともと大きなバスの1/5スケール模型ということで、でかい!日本製ブリキ玩具の頂点と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタ博物館 「裏」展 を見てきました(その1 米国車フランクリンのレストア)

トヨタ博物館の開館25周年を記念した企画展「トヨタ博物館「裏」展」(2014/4/19~7/6)[http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/uraten/]を見てきました。この企画展は通常の展示では見られない、修理部門におけるレストア、バックヤードに収蔵されている車、その他自動車関連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルシェ911 発売50周年

現在も第一線のスポーツカーとして現役のポルシェ911は1963年のフランクフルト自動車ショーで発表され、翌1964年(東京オリンピックの年、てことは新幹線と同い年)から本格生産に入ったので、今年50年だそうです。 911(901)→930→964→993→996→997→991と時代に合わせてモデルチェンジをしてきましたが、コンパクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

3月15日、買い物で名古屋駅近辺に行った帰りに天気が良かったので「ノリタケの森」経由「産業技術記念館」まで歩いて行ってきました。(寄り道しなければ徒歩30分弱)今回は、この「産業技術記念館」[http://www.tcmit.org/]のご紹介です。ここと、ここの展示品の多くがTBS系で2014年3月22、23日に放映のドラマ"LEAD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラッシュ」のプロモーションを見て感じること

今週末2014年2月8日から、ロン・ハワード監督の映画「ラッシュ/プライドと友情」が公開されます。これは、1976年のF1におけるニキ・ラウダとジェームス・ハントを描いたもので、自動車に興味を持つ(そして1976年のリアルタイムを知っている)人はもちろん、そうでない人から見てもかなり良い映画だそうです。私もリアルタイム世代(ちょっと前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の自動車/昭和24年の雑誌1 子供の科学

今回は子供向け雑誌「子供の科学」の1949年(昭和24年)4月号のご紹介です。誠文堂新光社発行、B5サイズの月刊誌で、「子供の~」という誌名ですが、内容はかなり高度で今なら中高生向け位の感じがします。 表紙の、いかにも昔考えた未来の自動車って感じが気になって、ちょっと前に東京神田で購入しました。特集「自動車の夢」は本文4ページ(表紙に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Merry Christmas! と 藤澤ノリマサコンサート

十数年前のホットウィールのクリスマスバージョンモデルです。毎年この時期になると出してきて飾っています。最近のサンタクロースはスピードアップのため、トナカイのそりで無く自動車を使うんでしょうかね。 よそ見運転、シートベルト違反、積載量オーバー&スピード違反で事故を起こさないようにお願いします。 話変わって、昨日、12月21日(土)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タッカー

今回は米国の自動車「タッカー」です。 まずは、私のコレクションから米国の雑誌の広告ページのご紹介です。タッカーはプレストン・タッカーが自分の理想とする車を作ろうとして1946~48年に僅か50台が販売された車で、リアエンジン、3つ目のヘッドライトの中央の1個が前輪とリンクして左右に振れる、ビッグ3に先立ちディスクブレーキ、シートベルト…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

昔の海外の雑誌広告 ~Champoin Spark Plug~

今回はMyコレクションから米国の古い雑誌の広告(13年前頃に切り取られた状態で入手したため、元雑誌の身元は不明)から、チャンピオン スパーク プラグのものが3件ありましたので、まとめてご紹介しようと思います。チャンピオン スパーク プラグは昔からさまざまなレースに積極的に取り組んできており、広告にも登場しています。 ①「Tempo V…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古いコルベット ~アウト ガレリア“ルーチェ”にて~

名古屋市名東区にある「アウト ガレリア“ルーチェ”」[http://www.luce-nagoya.jp/Top.html]で開催されている「CORVETTE “60th Anniversary” -アメリカン・ドリームの象徴、シボレー・コルベットの60年-」(~12/23)を見に行ってきました。ここは車が5台位入ったらいっぱいな位の小…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

上郷サービスエリアの自動車のタイル絵

東名高速道の上り線、上郷サービスエリアの歩道部にこんな自動車のタイル絵がはめ込まれているのを見つけました。あまりにマニアックな車種だったので思わず写真を撮ってきました。一つ目、これは「ポルシェ917K」でしょう。1970年頃のルマンに代表される耐久レースの王者、スティーブマックイーンの映画、「栄光のルマン」でも有名です。二つ目、これは私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1966年の自動車の絵ハガキをもう一組発掘しました(3)

前報[http://swada.at.webry.info/201310/article_13.html]に引き続き、個々の絵ハガキをご紹介いたします。 ⑤ポンティアック グランプリ この巨体(全長5.4mオーバー)で2ドアクーペ!フロントグリルなんかもとても手の込んだデザインです。1950年代~60年代はアメリカンデザインが最高潮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1966年の自動車の絵ハガキをもう一組発掘しました(2)

前報[http://swada.at.webry.info/201310/article_12.html]に引き続き、個々の絵ハガキをご紹介いたします。 ①リンカーン コンティネンタル 歴代の米国大統領車としても知られるフォード社のトップモデルです。全長5.6m、全幅2.0mオーバーの巨体、この絵ハガキの写真もそれらしいスチュエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1966年の自動車の絵ハガキ(3)

前報[http://swada.at.webry.info/201309/article_13.html]に引き続き、個別の絵ハガキのご紹介です。各絵ハガキの自動車の名称は記載されているままを示していますので、現在の読み方と異なるものがあります。 このハガキの経緯は[http://swada.at.webry.info/201309/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1966年の自動車の絵ハガキ(2)

前報[http://swada.at.webry.info/201309/article_12.html]に引き続き1966年の自動車の絵ハガキ第2弾、個別のハガキをご紹介します。各絵ハガキの自動車の名称は記載されているままを示していますので、現在の読み方と異なるものがあります。ほとんどの写真はメーカーまたは日本のディーラーのオフィシャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1966年の自動車の絵ハガキ(1)

「実家の押し入れ探索シリーズ」から、紙もののご紹介です。 8枚組の自動車の写真の絵ハガキです。写っている車が1966年型の近辺の様なので、1966年か67年頃発行されたものと思われます。ケースの表と裏の写真を示します。ケース表紙の車は内面の解説に「マセラーティ 3500GTI」とありましたが、「3500GTIセブリング」という車です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャガーEタイプ

デンマークのTekno社製 1/43ダイキャストミニカーNo.927「JAGUAR E type」に手を加えたものです。「こんな希少なミニカーに手を加えるなんて」と言われる方がいらっしゃるかもしれませんが、この改造をしたのは、三十数年前1980年頃です(当時はちょっと古いミニカーで安かったんです)。これも「実家の押し入れ探索シリーズ」(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トミカリスト

「実家の押し入れ探索シリーズ」の第2弾として、紙ものです。「トミカ全車種リスト 1970~80」企画・編集・発行/トミカファンクラブ1980/8発行、とあり、A5サイズ28ページの小冊子です。著作権のことが良くわかりませんが、こんな感じとわかる様に最初の2ページを載せます。後日発行されたバリエーションの本はありますが、トミカ最初の10年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルシェ928

今回は、「実家の押し入れ探索シリーズ」の第1回として、Rico Toys社(U.K.)製「Porsche928」です。全長600mm弱、1/8スケール位の巨大なプラスチック製のリモコン玩具で、製造はスペインの様です。 ポルシェ928は1977年にデビューしたFRトランスアクスル車で911の後継を狙って開発されました。 この車は198…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初代トヨタセリカ

今回は、アオシマ文化教材社製 1/24スケールプラモデル「トヨタセリカ」です。実車は1970年代を代表するスポーティカーとして、一世を風靡しました。キットは、モーターライズ式の古いものですが、プロボーションは悪くないと思います。車内の電池ボックスや駆動ギヤの部分をふさいだりといった改造をしています。ボディ周りのディティールは、トヨタ博物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩川スピードウェイ [その2]

前回[http://swada.at.webry.info/201308/article_7.html]に引き続き、多摩川スピードウェイについて書きます。 この写真は1947年(昭和22年)に撮影された航空写真①で、コースの状況が良く分かります。コース内側は戦後の食糧不足で畑にされ、野菜を作っていたらしいです。 その後、スピードウェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩川スピードウェイ [その1]

今回はいつもと違って屋外へ、自動車レースの遺構、「多摩川スピードウェイ跡」に行って来ました。 東急東横線(又は目黒線)で渋谷側から横浜に向かって東京都と神奈川県の境にある多摩川の鉄橋を渡る時、右前方(川崎側上流/川崎市中原区)直ぐのところの堤防に階段状の構造物が見えます。階段にしては段の幅が広すぎますし、近づいて見ると段に等間隔に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスティーン プリムス

レベル製 1/25 プラモデル「‘58 Christine Plymouth」、映画「クリスティーン」に出てきた1958年型プリムス・フューリーを模したファニーカー(ドラッグレーサー)の模型です。映画の公開が1984年ですので、実車はその頃映画とタイアップして走らせていたものと思われます。ファニーカーは鋼管溶接のパイプフレームシャーシに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1955 CHEVY

レベル・モノグラム製 1/25プラモデル「'55 CHEVY INDY PACE CAR」のキットを元にノーマルに戻しています。 手を加えた主な点は、 ○フロントグリルを真鍮線のはんだ付けとアルミ線で作り直し ○アンテナ線をステンレス線に置き換え ○ナンバープレートをPCでそれらしく作成 ○キットに入っていたリアホイールのスパ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more