マッチボックスのターボ・スペシャルシリーズ、クレーマー・ポルシェ CK5

今回は、マッチボックス、ターボ・スペシャルシリーズのクレーマー・ポルシェ CK5、1/40スケールミニカー(玩具?)、マカオ製です。

クレーマー(KREMER)は長年に渡りポルシェと関係の深い有力チューナーで、単にポルシェの市販レーシングカーを使用してレースを行う事に留まらず、ポルシェを基に大改造したレーシングカーを開発していました。

1982年からプロトタイプレーシングカーはグループCの時代となり、ワークスポルシェは956を開発して使用しましたが、プライベートチームへの提供は翌1983年でした。1982年シリーズの為にクレーマーは古い936(1976年デビュー)のシャーシに規定に合わせた屋根を付けて独自のボディワークを載せたマシンを作り、CK5と名付けました。
このミニカーはそのCK5(裏面表示はCKSとなっていますが)をモデル化したもので、走行ギミックが付いた玩具的な立ち位置ですが、ダイキャストのボディ形状はズングリしたスタイルを良く表現しています。モデル化されたCK5は少ないと思われますので貴重だと思います。
ターボ・スペシャルシリーズはプルバックすると、最初はゆっくりと発進し、その後急加速します。
Kremer Porsche CK5-1.jpg
Kremer Porsche CK5-5.jpg
Kremer Porsche CK5-2.jpg
Kremer Porsche CK5-3.jpg
Kremer Porsche CK5-4.jpg
Kremer Porsche CK5-6.jpg
[ターボ・スペシャルシリーズのラインナップ、う~んかなり魅力的]
Kremer Porsche CK5-7.jpg