手作りのフィアット500C

このブログで、2019年12月15日、横浜産貿ホールで開催された、ワンダーランドマーケットに出店してきたこと、入手したものをご報告しました。
https://swada.at.webry.info/201912/article_4.html
https://swada.at.webry.info/201912/article_6.html
https://swada.at.webry.info/201912/article_7.html
今回もここで入手したものです。

独特の雰囲気の手作り自動車を作る知人のSさんのブースで見つけた、私のクルマと同じカラーのフィアット500C、全長約54mmです。
素朴な感じもありつつ、実車の特徴を良くとらえていると思います。
世良田500C-1.jpg
世良田500C-2.jpg
世良田500C-3.jpg

手持ちの1/18スケール、1/43スケールと並べてみました。(^^;)
世良田500C-4.jpg
世良田500C-5.jpg

ディンキーのポルシェ356A(初期型)

ちょっと前のこのブログで、2019年12月15日、横浜産貿ホールで開催された、ワンダーランドマーケットに出店してきたことをご報告しました。
https://swada.at.webry.info/201912/article_4.html
https://swada.at.webry.info/201912/article_6.html
今回もここで入手したものです。
英国ディンキーのポルシェ356A、1/43スケールダイキャスト製、ホイールが塗装仕上げの初期型です。1950年代後半~60年代前半ころのものだと思われます。
EDinky 356-1.jpg
EDinky 356-2.jpg
EDinky 356-3.jpg
EDinky 356-4.jpg
馴染みのショップで見つけて入手したこの個体、箱無しですがかなり良い状態です。
この実車が現役だった時のオリジナル356A(後年別の型で再販されていますので)はこれまで2台所有していたのですが、どちらも後期型のめっきホイールのタイプだったので初期型が適価で入手できたのは非常に幸運でした。
EDinky 356-5.jpg
EDinky 356-6.jpg
EDinky 356-7.jpg

トッツィトイのコルベットとバイク積載トレーラー

2019年12月15日、横浜産貿ホールで開催された、ワンダーランドマーケットに出店してきたことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/201912/article_4.html
今回はここで知り合いのFさんから譲ってもらって入手したものです。
米国、トッツィトイのハードボディ・ピッチアップセット、1968年式のシボレー・コルベットがオフロードバイクを2台積載したトレーラーを牽引しています。コルベットの全長がトレーラーフックを除いて約122mm、コルベットとトレーラーはダイキャスト製、バイクは樹脂製、パッケージによると1995年発売、中国製の様です。
玩具っぽい大味な造形ですが、なかなか良い雰囲気です。
実際にコルベットでオフロードバイクを牽引してレースに行くとは思えませんけどネ(^o^)

tootsietoy trailer-2.jpg
tootsietoy trailer-3.jpg
tootsietoy trailer-4.jpg
tootsietoy trailer-1.jpg
tootsietoy trailer-5.jpg

トッツィトイのフォード・カスタムライン セダン

2019年12月1日、東京有楽町の大江戸骨董市のタイニーバブルさんのブースで米国トッツィトイ(TOOTSIETOY)の1955年式フォード・サンダーバード(FORD THUNDERBIRD)を入手したことを前にご報告しました。[https://swada.at.webry.info/201912/article_3.html
今回は、同時に入手した同じメーカーのミニカーです。
1955年式のフォード・カスタムライン V-8 2ドアセダン(FORD CUSTOMLINE V-8 TWO-DOOR SEDAN)、全長約79mmです。
例によってトッツィトイ流の底板も無い造形ですが、1950年代中期の丸みを帯びたボディにテールフィンが生えだした時期の普通のアメ車の特徴を良く表していると思います。
tootsietoy Ford Customline Two-Door Sedan-1.jpg
tootsietoy Ford Customline Two-Door Sedan-2.jpg
tootsietoy Ford Customline Two-Door Sedan-3.jpg
tootsietoy Ford Customline Two-Door Sedan-4.jpg

ワンダーランドマーケット2019年冬

2019年12月15日、横浜産貿ホールで開催された、ワンダーランドマーケットに出店してきました。
玩具系の蚤の市としては日本最長の歴史を誇るこのイベントは、単に売り買いをする場と言うだけで無く、色々な同好の志とコミニケションする楽しい場となっています。

今回は、ポルシェ、BMW、トミカ等を持ち込みました。
2019冬WLM会場-1.jpg
2019冬WLM会場-2.jpg
毎回、数台の実車が展示されます。
2019冬WLM会場-3.jpg
1時からはオークションです。
2019冬WLM会場-4.jpg
多くの方々と交流してきました。
2019冬WLM会場-5.jpg
2019冬WLM会場-6.jpg
2019冬WLM会場-7.jpg
2019冬WLM会場-8.jpg

トッツィトイの初代フォード・サンダーバード

2019年12月1日、東京有楽町の大江戸骨董市で入手したものです。
馴染みの鎌倉、タイニーバブルさんのブースで入手したのは、世界最古のミニカーメーカー米国トッツィトイ(TOOTSIETOY)の1955年式フォード・サンダーバード(FORD THUNDERBIRD)、全長約78mmです。
例によって底板も無い簡素な構造ですが、何とかモデルとなった実車の車名が判別できる程度にはできています。(^^;)

tootsie thunderbird-1.jpg
tootsie thunderbird-2.jpg
tootsie thunderbird-3.jpg
tootsie thunderbird-4.jpg

モデルペットのトヨペット・マスターラインの救急車

2019年11月17日にさいたま市で入手した、フランスディンキーのストリートスイーパーと同時に入手したものです。[https://swada.at.webry.info/201911/article_10.html

モデルペットのNo.2SA、トヨペット・マスターライン(TOYOPET MASTERLINE)の救急車、全長約103mmです。
開閉部のない一体成型のボディにサイレン、赤色灯を付けてカラーリングとロゴで救急車に仕立てたものです。
室内に寝台等のモールドはありませんが、ボディ形状やグリルの再現は彫りが深く、良い雰囲気のモデルだと思います。
この個体の状態は、箱無しでチッピングがありますが、経年と入手価格を考えると十分にリーズナブルです。
modelpet masterline 救急車-1.jpg
modelpet masterline 救急車-2.jpg
modelpet masterline 救急車-3.jpg
modelpet masterline 救急車-4.jpg
modelpet masterline 救急車-5.jpg

スカイラインの木型をオブジェに

先日、スカイラインのミニカーの原型と思われる木型を入手したことをご報告しました。[https://swada.at.webry.info/201911/article_9.html
その後これを活かして何かできないかと考え、飾り物にしてみました。

[木型のクリーニング]
1.型取りの前処理のためにグリルの凹部を埋めたり、補強のために接着されたと思われる木片が付いていましたので、慎重に剥離
2.全体に石膏と思われる白っぽい付着物が付いていましたので、水を含ませた綿棒で擦り除去
3.木型表面が荒れている場所がありましたので、ディテールを消さない様に注意しながらペーパーで均し
4.クリア塗装が剥げたところがあるので、水性クリア塗料を軽くかけて仕上げ

[タイヤの取り付け]
5.あまりリアルなタイヤ/ホイールを取り付けるのは木のボディにそぐわないと考え、ホームセンターや手芸用品店を探して決めたのが洋服のボタン、少し直径が小さかったので周囲にゴム系の熱収縮チューブを嵌めました
6.画鋲を利用してボディに接合

[台座に固定]
7.ストックしていた台座用の木片からちょうど良さそうなものを選択、φ1mmのピアノ線2本で浮き上がったように固定

結構良い雰囲気になったのではないでしょうか。
ケンメリ金型-11.jpg
ケンメリ金型-12.jpg
ケンメリ金型-13.jpg
ケンメリ金型-14.jpg

購入したときのクリーニング前の状態
ケンメリ金型-4.jpg