車いすラグビーの国際試合

2019年10月19日、東京千駄ヶ谷の東京体育館で開催された「車いすラグビーワールドチャレンジ2019」を見に行ってきました。
この大会は、車いすラグビーの世界ランキングの上位8か国が対戦するもので、この日は前日までの各4チーム総当たりのリーグ上位2チームによる準決勝2試合(日本-オーストラリア、アメリカ-イギリス)を観戦しました。
車いすラグビーは、四肢に障がいのある車いすの選手が出場する団体競技で、パラリンピック競技の中で唯一、車いす同士のぶつかり合いが認められています。
初めて生の試合をみたのですが、パイプを溶接した頑丈な車いすがぶつかり合う音は凄く大きく、車いすがタックルを受けて転倒したり、タイヤのパンクも頻繁に起こります。とても障がいのある選手の技とは思えません。
残念ながら日本はこの日1点差で負けてしましましたが、凄い迫力にすっかり引き込まれてしまいました。
車いすラグビー-1.jpg
車いすラグビー-2.jpg
車いすラグビー-3.jpg
車いすラグビー-5.jpg
車いすラグビー-4.jpg