恐竜展2019

2019年9月7日、東京上野の国立科学博物館で開催されている「恐竜展2019」を見に行ってきました。子供の夏休みが終わった9月の方が空いていると思ってこの時期に行ったのですが、老若男女沢山の見学者でにぎわっていました。
今回の目玉展示は、これまでの常識を覆した大きな手を持った2足歩行大型恐竜:デイノケイルス(DEINOCHIRUS)の全身復元骨格と、日本で発見された最大級の恐竜で80%の骨が残されていたカムイサウルス/むかわ竜(KAMUYSAURUS)の現物骨格と復元骨格です。
ここ数年、常識を覆す様な新規な発見も多くあり、世界的に恐竜研究が進展しているそうです。面白いですね。
[デイノケイルス]
2019恐竜展-3.jpg
2019恐竜展-2.jpg
[タルボサウルス]
2019恐竜展-4.jpg
[カムイサウルス]
2019恐竜展-5.jpg
[ティラノサウルス]
2019恐竜展-6.jpg
2019恐竜展-1.jpg

2019恐竜展-7.jpg
2019恐竜展-8.jpg
2019恐竜展-10.jpg
2019恐竜展-9.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント