カロッツェリア イタリアーナ'77 その12 フィアット-アバルト 750

今から42年前、1977年(昭和52年)の夏に東京晴海の国際見本市会場での開催された 「カロッツェリア イタリアーナ'77」と名付けられた自動車ショーについて、ご紹介しています。
前報のマセラティ・メディチⅡ[https://swada.at.webry.info/201906/article_5.html]に続いては、これから数回ピニンファリーナデザインのマシンをご紹介します。
フィアット-アバルト 750 ビアルベーロ(FIAT ABARTH 750 BIALBERO)、1957年にデビューした小排気量の速度記録車です。スリムな流線型のボディはピニンファリーナらしい美しい曲線を描いています。
画像
画像

次報では、同じピニンファリーナのフィアット-アバルトのショーカーをご紹介します。[https://swada.at.webry.info/201906/article_12.html

この記事へのコメント

retorotoys
2019年06月24日 08:59
アバルト博物館で私も現物見ました。陶器のアバルトレコードカーを開館当初に博物館が出していのですが売り切れでした。後にネットで購入しました。ミニカーでこのタイプのレコードカーはなく(ソリドやガマは違う年式) 作らないかと期待してますが。

この記事へのトラックバック