カロッツェリア イタリアーナ'77 その9 ランボルギーニ・ブラーボ

今から42年前、1977年(昭和52年)の夏に東京晴海の国際見本市会場での開催された 「カロッツェリア イタリアーナ'77」と名付けられた自動車ショーについて、ご紹介しています。
前報のフェラーリ・レインボウ[https://swada.at.webry.info/201905/article_10.html]に引き続き、ベルトーネデザインの車です。
ランボルギーニ・ブラーボ、1974年のトリノ・オートショーにデビューした、V8エンジンを搭載するウラッコの後継モデルのスタディとして製作されたものです。
デビュー時はライトメタリックイエローで、その後このメタリックグリーン、最後にパールホワイトに塗られたようです。
画像


次報は、同じくベルトーネがドイツメーカーのためにデザインしたショーカーです。[https://swada.at.webry.info/201906/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック