トッツィトイの流線型セダン

今回は先日、2018年12月29日に久しぶりにちゃんとしたミニカーショップで入手したものです。
京橋~銀座~新橋を散策している途中で歌舞伎座近くのショップで入手したのは、毎度のトッツィトイ、流線型のアメ車、4扉セダン、全長約145mmです。
資料本においても特定の実車モデルが無い様に書かれていますが、戦前モデルを前輪の取り付け構造を変更して戦後に再販されたもののようです。
直列12気筒!が入りそうな長大なボンネットに流線型のフル4扉セダン、実車だと軽く6mを超えそうな感じで、濃淡ブルーのツートーンカラーもなかなかにお洒落です。
画像
画像
画像
画像

資料本の戦前1940~50年代のオリジナルの写真は前輪車軸がボディ側軸受けとなっています。戦後に再販するときに改修したのでしょうか?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック