2017 東京モーターショー 昔のクルマ編

前報で「東京モーターショー2017」に展示されていた現在のレーシングカー、ラリーカーをご紹介しました。[http://swada.at.webry.info/201711/article_2.html
今回は展示されていた昔の車です。

[ポルシェ356Aスピードスター]ポルシェのブースに展示されていたのは、ドイツ・シュトゥットガルトにあるポルシェミュージアムから来たと思われるこの車。多分新車時代よりも綺麗な状態だと思います。
個人的にはこのショーに展示されていた数百台の中の「BEST CAR of the SHOW」と「最も乗り逃げしたい車 of the SHOW」の2冠に輝きます(^o^)
画像
画像


[ダイハツ・コンパーノ・ベルリーナ]小さくて端正な3ボックス2扉セダン。現在の技術で安全性を確保した上でこういう車は作れないでしょうかね。
画像


[ダイハツ・ミゼットMP]これもダイハツの所有車でしょうか、ミゼットの後期型丸ハンドルです。
画像


[ホンダ・スーパーカブ]最近通算1億台達成とのことで、古今のカブが展示されていました。いかに最初のコンセプトやデザインが優れていたか、ということでしょうね。個人向けの耐久消費財が60年近くほぼそのままの形で生産されるってのは凄いことです。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック