ペニーのローラ・クライマックス F1

半月以上空きましたが、イタリア、ポリトイスの小スケールブランド、ペニー(penny)のF1マシン、6台目です。
今回は、英国のレーシングカーコンストラクター、ローラ(LOLA)のF1マシン、、No.0/2、全長約59mmです。
これはV8のクライマックス製エンジンを搭載したマシンで、ローラは様々なチームのマシンを作ってきました(ホンダのR300がローラ製なのは有名)が、これは自社名で走らせていた、1962~63年のマシンがモデルだと思われます。
画像
画像
画像
画像

以前紹介[http://swada.at.webry.info/201609/article_3.html]した、このペニーを参考にして(^o^)作ったと思われる香港製を再録しておきます。全体の雰囲気は非常に似ていますが、見比べると、全長約62mmと少し大きく、ボディが平べったくスマートでバリ等が少ない感じです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック