2016年 航空自衛隊小牧基地オープンベース(航空祭)

2016年3月13日(日)、航空自衛隊小牧基地のオープンベース:航空祭に行ってきました。
事前の天気予報では曇りだったのですが、午前中は薄日もさす、まあまあの天気でした。
数年前まではそれほど混んでいた印象が無かったのですが、昨年からブルーインパルスが飛来する様になったこともあり、凄い人出です。今年もオープンの9時少し前にゲート前まできたのですが、荷物検査ゲートを通って基地内に入るまでに20分以上かかりました。

[KC767]ここ小牧基地は国内最大の輸送隊の基地で、唯一空中給油機のKC767が配備されています。名前から判る様に旅客機ボーイング767に空中給油用のブームを備えたもので、人員輸送にも使われます。機内公開には長蛇の列が出来ていました。
画像


[C130H ハーキュリーズ]ターボプロップ4発の大型輸送機、オープニングフライトの3機編隊です。
画像

[F4EJ ファントム]私が地上展示で一番刺さったのがこのファントム、岐阜基地の飛行開発実験団の60周年特別塗装機、通称ブラックファントム!
画像


[航空機用消防車]サンダーバードに出てきそうな消防車、恰好良いです。モリタ製でしょうか。
画像


[F2 支援戦闘機]これも岐阜基地の特別塗装機でしょう。
画像


初見の秘密兵器も有りました(^o^)
[UH-60jr 4550号機]基地内の人員輸送に活躍しているようです。
画像
元ネタはこれです。
画像


[U-125 (Advance)3000号機]操縦はかなり難しいようです。車止めにまでこだわりが。
画像
元ネタはこれです。
画像


[ブルーインパルス]駐機時から1~6番機+予備機の7機、とても行儀良く並んでいます。
画像


ブルー飛行のころになると、雲が濃くなってきて青空が無くなってしまいました。展示飛行の前に3番機に不調が見つかり、急遽予備機に乗り換え。綺麗にテイクオフしていきます。
画像


ここ小牧では周辺が住宅密集地のため、複雑なフォーメーション飛行やソロ演技は無し、編隊飛行が主体です。
物足りない感じは強いですが、世界の曲技飛行隊の中でも有数と言われる綺麗な編隊飛行を見せてくれました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック