マッチボックスのビンテージカー その8 1904年スパイカー

英国レズニー社のマッチボックスの1960年代に作られた「Models of Yesteryear」シリーズをご紹介しています。[http://swada.at.webry.info/201603/article_2.html~]

8台目は、1904年のスパイカー(SPYKER)、No.16、全長約83mmです。

スパイカーって何?スパイの使う車?
スーパーカーが好きな方には超高級スポーツカー、F1マニアの方には10年程前にそんなF1チームがあったような...といった印象でしょうか。
オリジナルのスパイカーは1880年にオランダで馬車のコーチビルダーとして創業し、自動車製造に移行して高級車を製造していました。現在はスーパーカーを作っている同じオランダのSPYKER CARSが直接の関係は無いのですが、ブランド権を保有しているようです。(一時期サーブのブランド権も保有していたそう)
ちなみに、F1ではミナルディの資産を引き継いで2006年途中から参戦、2008年にフォース・インディアに売却されました。
ミニカーのモデルとなった車については良く判りませんでしたが、かなり高級車だったことはうかがえます。
真ん丸のラジエターグリルと大きな一つ目のヘッドランプ、かなり個性的な顔つきです。
画像
画像
画像
画像
画像

この時代のマッチボックスは簡素な造りながら、巧みなダイキャスト造形でフェンダーやリーフスプリングによる足回りを再現しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック