古いスロットレーシングカーのレストア その3、部品が揃いました

知人から譲り受けた古いニチモ製のスロットレーシングカー2台のレストアを進めています。[http://swada.at.webry.info/201601/article_6.html][http://swada.at.webry.info/201601/article_7.html
前報以降、部品の補修、新造、塗装等を行って、部品が揃いました。塗装が未だ固まっていないので、組立は明日以降に行います。

・シャーシ周り:清掃したのみ。
・ホイール:アルミ製ホイールはペーパーで錆を取ってからクリア塗装。
・ホイールキャップ:一部めっきが剥がれていたので、食器用漂白剤でめっき剥離、めっき調塗料で塗装、凹部に黒エナメル塗料で墨入れ。
・タイヤ:元のタイヤはひび割れてカチカチだったので、タミヤミニ四駆用レストンスポンジタイヤを流用。リアタイヤは幅が広すぎるので2mmカットして狭くして前後タイヤの中外の角をやすりで丸める。
・ボディ:当初はオリジナル尊重でコンパウンドで磨いただけにしようと思っていたのですが、途中で思い直し全塗装することにしました。ポルシェは青いモールドを銀色に、フェラーリは赤いモールドを赤色にそれぞれ塗装。ゼッケンナンバーやエンブレムを塗装及び自作デカールで複製。ボディのモールド自体はバリの処理のみで射出成型時に出来た引けもそのままで塗装しています。
・ドライバー:前々報[http://swada.at.webry.info/201601/article_6.html]でお示しした様に、欠品していたポルシェのドライバーヘッドをフェラーリのドライバーから紫外線硬化樹脂で複製してから塗装。
・サイドミラー:両車とも欠品していたので、木型を作って紫外線硬化樹脂で複製してからめっき調塗料で塗装。
・ウィンドウスクリーン:前報[http://swada.at.webry.info/201601/article_7.html]でお示しした様に、両車とも欠品していたので、木型を作って塩ビ板のバキュームフォーミングで複製。
・ロールバー:鉄線製の錆を除去してからプライマー処理してめっき調塗料で塗装。
・クーリングファン(ポルシェ):めっきを剥離してからめっき調塗料で塗装、凹部に墨入れ。
・エキゾーストパイプ(フェラーリ):めっきを剥離してから排気口を開口、めっき調塗料で塗装、排気口に墨入れ。

[ポルシェ804 F1]
画像


[フェラーリ156シャークノーズ]
画像


次報に続きます。[https://swada.at.webry.info/201601/article_9.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック