シュコーのブリキ自動車 その9 正体不明

画像
我が家に新車時から在るミニカーの中から、1960年代頃の西独シュコー(SCHUCO)社のブリキ製自動車玩具を紹介しています。[http://swada.at.webry.info/201510/article_9.html~]

9台目はNo.1080、全長約215mm、オープンスポーツカーですが、車種不明です。底板にも記載がありませんし、正体が判るエンブレムの類もありません。英国車の様な雰囲気がありますが、なんだか違う感じも。ホイールオープニングアーチの上の眉毛状の突起、どこかで見た感じ...で気が付きました。
前報でご紹介した赤いメルセデス・ベンツ190SL[http://swada.at.webry.info/201511/article_5.html]と同じプレス型です!グリルやライト、ウィンドウスクリーン、タイヤ&ホイール等、全ての艤装が全く異なりますが...

画像

画像
こうやって並べると上手く雰囲気を変えることに成功していると思います。
製品のバリエーションを増やすために同じ型を使いまわしたのでしょう。ある意味珍しいモデルだと思います。

画像
ステアリングホイールの真ん中のボタンを押すとブーブーとクラクション音が鳴ります。
画像


次報は、このシリーズの最終回、1960年代のF1マシンです。[http://swada.at.webry.info/201511/article_8.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック