古いマッチボックスのミニカー 30 ロータス・ヨーロッパ

我が家に新製品時から伝わる1950~60年代のマッチボックスのミニカーをご紹介するシリーズ[http://swada.at.webry.info/201506/article_10.html~]30台目です。

No.5、「LOTUS EUROPE」、ロータス・ヨーロッパ、1969年発売です。
ロータス・ヨーロッパはセブンの後継として1966年に発売されたミッドシップスポーツカーで、改良を加えながら1970年代後半まで販売されました。

マッチボックスのミニカーはスーパーファーストホイールを履いたもので、バーティカルフィンが高い極初期のシリーズ1がモデルかと思われます。(但し、Sr.1には右ハンドルが無いという説もあり)
このモデルの極初期型はリアフェンダーのオープニング形状が全く異なっており、短期間で修正された様ですが、私のモデルは修正後のものです。
画像
画像
画像


手元にあるトミカのF25-1、ロータスヨーロッパスペシャルと並べてみました。(最近もトミカプレミアムで非常に良い出来の同車が出た様ですが、守備範囲外なもので)トミカは後期のバーティカルフィンが低くなった形状です。
画像
画像
画像
並べるとMBの初期型らしい感じが目立ちます。MBのドアが開閉可能で、トミカが固定というのは以外な感じです。車高に関しても、前上がりのMB、前下がりのトミカと解釈の違いが見てとれます。

次のマッチボックスは紅茶屋さんの配送用バンです。[http://swada.at.webry.info/201508/article_10.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック