古いマッチボックスのミニカー 01 BRM F1

これからしばらく、他の話題を交えつつ、1950~60年代の英国レズニー(LESNEY)社のミニカーブランド、マッチボックス(MATCHBOX)をご紹介していきます。
これからご紹介していくのは、現役の製品時代から我が家に伝わるもので、この時代のものが約100台ありました。[http://swada.at.webry.info/201506/article_7.html
マッチ箱に入る大きさから名付けられたこのブランドは実車の特徴を良くとらえた素晴らしいモデルが多く、後年似たスケールのホットウィールやトミカが生まれるさきがけとなったと思います。

今回、紹介するのはNo.52b1、「B.R.M. F1」です。
B.R.M.はBritish Racing Motorsの略で、今な無き英国の名門レーシングコンストラクター、英国のコンストラクターとしては珍しくシャーシとともにエンジンも自ら開発して戦い、また数々の名ドライバーを輩出したことでも知られています。
このミニカーは全長約68mm、1965年発売とありますので、1.5リッターF1時代に自社製V8エンジンを搭載してグラハム・ヒル他のドライブで活躍した1962~63年のP57(1962年のドライバー、コンストラクターダブルチャンピオン)あたりがモデルではないかと思います。この青色のボディカラーがあったかは確認できませんでした。
シンプルな形状ですがサスアームや排気管の取り回しも綺麗に再現された良いモデルです。
画像
画像
画像
画像

次報[http://swada.at.webry.info/201506/article_11.html]もF1マシンでいきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック