ホンダF1復帰

画像
今年2015年は久しぶりにホンダがF1にパワーユニット(今はエンジンと言わない)供給で戻ってきますね。マクラーレンと組んであの常勝マクラーレン-ホンダ復活が期待されます。
メルセデスパワーユニットしか勝てないのでは面白く無いですから。

今のホンダは車好きにとっては尖ったところの無い凡庸な車だらけ(あくまで個人の感想です)になり、その上リコールの嵐、新車販売延期が相次ぎ、歯車が狂っている感じですが、F1での活躍を起爆剤に復活してもらいたいです。ホンダより規模の小さなスバルやマツダがあれだけ良い車を作って健闘しているのですから。

今回のご紹介は、30年前、1985年のデトロイト グランプリにおけるウィリアムズ-ホンダの優勝を記念したアルミプレートです。表面の保護ビニールもそのままの美品の状態で実家のミニカーの間から出てきました。
第2期ホンダF1の初期のこの年6月23日このシーズン初優勝したのがケケ・ロズベルグ、シーズン終盤にはナイジェル・マンセルの最年長優勝というのもありました。

ニコ・ロズベルグがデビューしたころ、「ケケの子ニコ」と紹介されていましたが、いまや「ニコの親父のケケ」と言うべきかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック