ディンキーのジャガーポリスカー

画像
画像
先日ご紹介した二代目サンダーバード[http://swada.at.webry.info/201411/article_3.html]と一緒に購入した1/43スケール、英国ディンキー社製のジャガー3.4リッターのポリスカーです。写真の左が今回購入したもの[新入]、右は昨年私がレストアした[http://swada.at.webry.info/201306/article_2.html]同じモデル[先輩]です。箱は[先輩]のものです。なんで同じモデルを又買ったのかと言われるとこの時代のジャガーの丸みが好きなこと、およびアンテナが折れていたため安かった(ほぼ新品トミカ並)からです。この時代のディンキーは古くなると塗装がパラパラと剥がれ易くなるみたいでタッチアップだけで済ますことは困難です。
下の写真は[先輩]の購入した状態の写真です。購入した状態を比較すると、[新入]の方が塗装剥がれ多し、アンテナ破損、パトライト色落ち、ですが、ヤニ汚れが無い分表面は綺麗でした。(どうせ剥離→全塗装なのであまり関係ありませんが)両車ともボディのダイキャストや裏板、タイヤホイール、ドライバーとコドライバーは良い状態で、手を加えるには良い素材でした。
画像

さて、この[新入]をどう料理しましようか。
元のポリスカーに戻すか、パトライトを外してノーマルにするか。ノーマルなら、濃色系が良いかな。リアフェンダーのスパッツを付けるのも面白いかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック