エアパーク/航空自衛隊 浜松広報館 その1 屋外展示と展示資料館

画像
2014年9月21日に浜松インター近くの浜松市総合産業展示館で開催された自動車の模型、玩具関連の即売会「カートイズ ミーティング イン 浜松 2014」に行きました。
10時過ぎに車で会場に着いて駐車場に入ったのですが、物凄い混雑(どうやら同時に開催されていた催しの客が沢山いた模様)全く駐車することができません。周りにも停められそうな場所も無し。
早期入場を諦め、この後行くつもりだった航空自衛隊 浜松広報館:エアパークに先に行くことにしました。私の個人的趣味で気になったものの写真をご紹介します。
[屋外展示]
冒頭の写真はエアパークの正面で、初代ブルーインパルス仕様のF86が超低空飛行?しています。
他の機体もそうですが、屋外展示の機体も非常にきれいな状態で保存されいます。良くメンテナンスされていることが伺えます。
C46カーチス:河口湖自動車博物館[http://swada.at.webry.info/201409/article_1.html]にもありますが、こちらは褪せやすいオレンジ色もきれいですぐ飛べそうに見えます。
画像

展示資料館と展示格納庫の間の中庭にはF104が置かれています。これも屋外展示とは思えないほど美しく保たれています。現役当時「最後の有人戦闘機」と言われました。
画像

[展示資料館]エントランスから入ったところで、試作機、装備類等が展示されています。
XF-2モックアップ:F2支援戦闘機の試作機のモックです。
画像

2階には歴代の航空自衛隊機が同一スケールで展示されていました。どうしても模型類は気になってしまいます。
画像

次報[http://swada.at.webry.info/201409/article_9.html]では、広大な「展示格納庫」に展示されている機体を紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック