フェラーリのレーシングボート(5) ボディの下仕上げ、エアインテーク取り付け

http://swada.at.webry.info/201402/article_2.html]からフェラーリの木製レーシングボートの製作記を示しています。
今回はボディ(上半分)の下地仕上げとエアインテーク等の製作、取り付けをお見せします。
画像
画像
削ったり、パテを盛ったりして形状が満足できたので、下地としてグレーサーフェーサーを塗装、ペーパーをかけて細かな凹凸を除去しました。写真には裏側の汚い部分も写っていますが、ご容赦をm(__)m。エアインテーク等は檜の角材からオス型を作って0.5mm厚の透明塩ビ板をバキューム成型して作り、瞬間接着剤で接着しました。
この後、再度サーフェーサーを塗って、ベースホワイト→イタリアンレッドで仕上げます。
次報[http://swada.at.webry.info/201402/article_7.html]では運転席周り、ステアリングホイールとダッシュボードの製作をお見せします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック