1966年の自動車の絵ハガキ(2)

前報[http://swada.at.webry.info/201309/article_12.html]に引き続き1966年の自動車の絵ハガキ第2弾、個別のハガキをご紹介します。各絵ハガキの自動車の名称は記載されているままを示していますので、現在の読み方と異なるものがあります。ほとんどの写真はメーカーまたは日本のディーラーのオフィシャルフォトを元にしていると思われます。写真は絵ハガキの表裏両面を1枚に結合してあります。裏面に実車のスペックが書いてあることからハガキとしての用途よりもコレクションカード的なものだったと思われます。
1. アストンマーティン DB-6 (英)
前身のDB-5は映画007シリーズのボンドカーとして最も有名な劇中車です。DB-6のドロップヘッドクーペは2011年のウィリアムズ王子とキャサリンさんの結婚披露宴への移動に使われていました。良き時代の英国を象徴する自動車ですね。
画像

2. フォード ムスタング (米)
1964年に発売された元祖、ポニーカー。最近は「マスタング」ですが、私の世代は「ムスタング」でこの形です。スポーティな外観とお手軽な価格とそこそこの性能で爆発的に売れた伝説的な自動車です。この飛行機をバックにした絵ハガキ、格好良いですね。
画像

3. クライスラー 300 (米)
今も同名の車が販売されていますが、これは全長5.6m、全幅2mを超える2ドアボディに6.3リッターV8エンジン、エコとは正反対の車ですが、ガソリン代を考えずに乗ってみたい!
画像

4. ジャガー Eタイプ ロードスター (英)
100年以上の自動車史の中でも最も優雅なスポーツカーの一つと言われています。ヘッドライトがカバーされているのは初期型の特徴です。ミニカーは[http://swada.at.webry.info/201309/article_3.html]をご覧ください。
画像
残りの4枚は次報[http://swada.at.webry.info/201309/article_14.html]で紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック